アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「脱原発」のブログ記事

みんなの「脱原発」ブログ


東京での行動(経産省横テント・原発輸出反対行動)

2011/12/07 08:59
 12月1日、取材を受けるため、アイリーンさん、佐藤幸子さん、石丸は、上京しました。
取材内容は、「女がどうしてこんなに強いのか?」ということでした。

 終了後、経済産業省横テント村(「脱原発をめざす女たちの会」の座り込み)のところへ行って、
京都のアイリーン美緒子・スミスさん、福島の佐藤幸子さんと一緒に写った写真です。

このあと、総理官邸に移動して、原発輸出反対の抗議行動にも参加しました。
気温が解からず、薄着して行ったら、凍えるようなとっても寒い日でした。

抗議は18時から19時まで、リレートークで、野田総理へ市民の声が届くように、思い思いの声を挙げました。
原発事故の悲劇を福島が教えてくれたにも拘らず、日本は原発政策を反省することなく、輸出するなどもってのほか、本当に正気の沙汰ではありません。

私達の会は、全国の市民や市民運動の人たちと連帯して活動しています。

石丸


こちらを御覧ください!
脱原発の日のブログ「【緊急声明】問題だらけのベトナム/ヨルダンへの原発輸出 拙速な原子力協定批准に抗議」
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11094254163.html


FoE Japan 「緊急声明 問題だらけのベトナム/ヨルダンへの原発輸出 拙速な原子力協定批准に抗議」

http://www.foejapan.org/energy/news/111130.html
画像

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


第4回公判を終えて

2011/10/22 15:14
2011年10月21日の第4回公判について、メンバーからの報告を掲載します。
追々、内容を追加していきますのでよろしくお願いします。
※2011.10.22.更新
※2011.10.24.画像をアップしました

ーーーーーーーーーーーーーーー

第4回公判とデモ、記者会見、報告集会、懇親会(9時過ぎまでやってました)、お疲れ様でした!
 参加できなかった方達も、応援をありがとうございました。


 雨が断続的に降る1日でしたが、デモの時は小雨で、知事公舎前と九電前では怒りをぶつけながら、皆で声をあげることができました。
 デモを中心に報告します。裁判や報告集会の中身はどなたかが書かれると思います。


 公判は被爆地・長崎の原告、Kさんの意見陳述から始まりました。「破局が玄海原発で起きるのを阻止するためにこの訴訟はある。放射能の恐怖から人々が解放される道を示す判決を期待する」と訴えました。
 弁護士からは「福島の事故が収束していないのに、再稼動はありえない!」とポイントを裁判官と市民向けに力強く陳述していただきました。実務やりとりが中心かと思ったので、予想に反してとてもよかったです。
 次回日程調整で、九電側弁護士が3ヵ月も先の1月20日を示しながら、「正月休みが入るからなあ」とのんきに話していたのには頭にきました。福島で起きていること、私達の真剣な思いなど、何一つ感じていないんでしょうね。


 さて、デモです。公判中は雨の叩きつける音が法廷で聞こえるぐらい大雨でした。外出た時もまだ結構降っていて、動揺しました。しかし、皆さんがやりたそうな雰囲気だったので、予定通り決行しました。まごまごしているうちに霧雨程度になってくれました。紙プラカードはやめましたが、横断幕は出せました。


 スタートはいきなり知事公舎が目の前です。Eさんの音頭で始まりましたが、マイクをまわして一人一言づつ「知事は辞めろ」「原発いらない」などと訴えました。そして、40人ぐらいのデモ隊は、中央大通りをジャンベと音頭(シュプレヒコール時々アピール)で、練り歩きました。ジャンベのリズムは最後尾まで響いていました。何人もの人がこちらに手をふってくれました。


 後ろの方ではTさんとNさんが、即興漫才「市民とフルカワの質疑応答」をやってました。「原発どうしてやめないの」「だってお金が手に入るんだもん♪」「そんなにもらってどうすんの」「ドバイに持っていくんだよ♪」と事前に打ち合わせをしていたかのように、息ピッタリで笑わせてくれました。通行人にどれだけわかってもらえたかはわかりませんが、別の大舞台でぜひ披露していただきたく思います!


 最後、九電前では、Sさんが「原発続けることは、日本中にとって、アジア全域にとって迷惑な話だ。放射能をまきちらす原発を即刻やめろ」と怒りをたたきつけて、全員でシュプレヒコールの一本締めを行って、デモは終了しました。

(N)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー



昨日、佐賀地裁において本訴の口頭弁論と仮処分の審尋がありました。
閉廷後はデモそして記者会見、報告集会と長い一日でした。
参加された皆様、大変お疲れさまでした。


今回は長崎の原告Kさんの意見陳述があると分かって時間ぎりぎりになっても遠方からも多くの方が傍聴に参加してくださいました。
傍聴券抽選と配布ご協力ありがとうございました。(傍聴席残り3)長い一日でしたが、またしても多くの感動と愕然の場面がありました。


K弁護士の柔和な笑顔の奥からの鋭い追及です。
今回特にT弁護士の発言に感動でした。
科学的なポイントをつかんで延々と力強く素晴らしい発言でした。
裁判長、裁判官を諭
すように心から訴える場面は感動でした。

それに引き換え、被告代理人(九電側弁護士)は何も答えられません。
たじろぎながら「(今、ここに)技術者がおりませんので…」
さらに次回公判日を決める時になって被告代理人=九電側弁護士は
なんとなんと…
「正月休み入るからなぁ…」
法廷内でなかったら罵倒の野次の飛ぶような場面でした。
フクシマのことを微塵も感じていないこの発言にすべてが見えてしまいましたね。


佐賀地裁の向かい側があのカエル知事の知事公舎です。
デモ出発時にその公舎前で怒りの声を参加者全員で順番に上げ、
傘がなくても大丈夫なほどの小雨のなか、九電佐賀支店までデモ行進。
そこで二度目の感動です。


あのSさんがマイクを握って大きな声で九電社屋を見上げ、
筋金入りの信念を力強く力説されました。


隣にいた私はSさんの熱い志の熱気と身体全身が震えるほどの
闘志が伝わってきて胸に込み上げるものがありました。
まるで佐賀の七賢人のひとり江藤新平が叫んでいるかと錯覚するようでした。


■次回第5回公判は来年1月20日金曜日11:00です。
 また、多くの皆様の傍聴をお願いします。
 長くなりましたが、この裁判はいのちごいの裁判です。
 裁判は生き物、そして法廷の外で闘うのはわたし達です。
 世論喚起に繋がるように地道な草の根運動を点から面に
 繋いで行きたいと思います。ありがとうございました。

(K)
画像
画像
画像
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


「脱原発をめざす女たちの会」ご賛同のお願い

2011/10/19 11:03
「脱原発をめざす女たちの会」ご賛同のお願い



私たち、呼びかけ人一同(下記に記載)は「脱原発をめざす女たちの会」の発足を呼びかけ、来る11月23日にキックオフ集会(午後1時30分より、「座 高円寺2」にて)を行います。
福島原発事故は、私たちに原発を人間がコントロールすることはできないことを教えています。
地震列島日本で原発を動かすことは途方もなく危険であり、放射性廃棄物をどう処分するかの解決策すらありません。原発を推進してきた日本で今こそエネルギー政策を転換し、脱原発を実現していきましょう。

今こそ正念場です。女性たちで力を合わせていきましょう。
あなたも「脱原発をめざす女たちの会」の賛同人になってください。           

ご賛同下さる方は、下記申込書に記入の上、FAXまたはメールにてお申込み下さい。
会のホームページからもお申込みいただけます。なお、1口1000円の賛同カンパを任意でお願いしています。会の活動と運営に使わせていただきますので、よろしくお願いいたします。

2011年10月6日 脱原発をめざす女たちの会

■連絡先 TEL 03−6550−1111 FAX 03−6551−1111

e-mail datsugenfem@gmail.com

URL  http://datsugenfem.web.fc2.com/

賛同カンパ振込先  郵便振替   口座番号 00180-9-318934
銀行振込   ゆうちょ銀行  〇一九(ゼロイチキュウ)店
店番019 当座預金 口座番号0318934
口座名はいずれも「脱原発をめざす女たちの会」

ーーーーーーーーーーーーーーーー

【賛同申込書の書式】
以下の内容をお書きになり、メールかFAXでお申し込みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

賛同申込書

脱原発をめざす女たちの会に賛同します。

お名前
ご住所
電話番号
メールアドレス
所属または肩書き(よろしければお書き下さい)
お名前公表の可否             可        否
(できれば) 賛同カンパ         口        円

FAX返送先 03−6551−1111

ーーーーーーーーーーーーーー


………

■呼びかけ人(2011年10月6日現在)
吉武輝子(評論家)小山内美江子(脚本家)山崎朋子(作家)田中優子(法政大学教授)香山リカ(精神科医)渡辺えり(劇作家・女優)雨宮処凛(作家・活動家)浜矩子(同志社大学大学院教授)鎌仲ひとみ(映画監督)深澤真紀(コラムニスト)倉田真由美(漫画家)纐纈あや(映画監督)古今亭菊千代(噺家)神田香織(講談師)大河原雅子(参議院議員)湯川れい子(音楽評論・作詞)藤波心(タレント)橋本美香(ミュージシャン)道浦母都子(歌人)中山千夏(作家)福島みずほ(参議院議員)林佳恵(装丁家)高田敏江(女優)岩崎加根子(劇団俳優座・女優)綿貫礼子(環境問題研究家)上原公子(元国立市長)池田香代子(翻訳家)新谷のり子(歌手)渡辺一枝(作家)福士敬子(都議会議員)清水澄子(I女性会議共同代表・元参議院議員)川崎直美(オーガニックライフスタイル・Lepasmanis主宰)吉岡しげ美(音楽家)竹信三恵子(和光大教員)上野千鶴子(ウィメンズアクションネットワーク理事長)松本侑子(作家・翻訳家・日本ペンクラブ常務理事)大石芳野(写真家)枝廣淳子(環境ジャーナリスト)辛淑玉(人材育成コンサルタント)石坂啓(漫画家)きっこ(「きっこのブログ」)宇梶静江(アイヌ連絡会)松田美由紀(女優)いとうえみこ(絵本作家)羽田澄子(映画監督)
澤井正子(原子力資料情報室)大林ミカ(環境活動家)満田夏花(FoE Japan)平田仁子(気候ネットワーク)山口泰子(ふぇみん婦人民主クラブ)赤石千衣子(しんぐるまざあず・ふぉーらむ)アイリーン・美緒子・スミス(グリーン・アクション)鈴木かずえ(母・グリーンピースジャパン核・エネルギー担当)富山洋子(消費者運動)崎山比早子(高木学校)マエキタミヤコ(サステナ代表)
山口たか(福島の子どもたちを守る会・北海道)水野彰子(島根・弁護士)福武公子(もんじゅ・弁護士)小木曽美和子(原発反対福井県民会議)池島芙紀子(ストップ・ざ・もんじゅ)兼松秀代(放射能のゴミはいらない!市民ネット・岐阜)佐野けい子(浜岡・静岡市議)芦原康江(島根原発増設反対運動)竹田とし子(大間原発訴訟の会代表)小笠原厚子(大間原発訴訟の会原告・あさこはうす)石丸初美(玄海原発プルサーマル裁判の会)佐原若子(六ヶ所・歯科医師)高島美登里(長島の自然を守る会・上関)武藤類子(ハイロアクション・福島)佐々木慶子(沈黙のアピール・福島)吉岡政子(釜ヶ崎「ふるさとの家」)菊川慶子(花とハーブの里・六ヶ所)中村隆子(祝島婦人会会長・祝島島民の会運営委員)

■賛同人(2011年10月6日現在)
吉永小百合(俳優)竹下景子(俳優)杉田かおる(俳優)落合恵子(作家)米沢富美子(物理学者)柚木ミサト(イラストレーター)明珍美紀(元新聞労連委員長)五島昌子(市民文化フォーラム)田中靖枝(玄海)樋口あきこ(玄海)藤本紀美子(玄海)小林栄子(玄海)村山俊子(玄海)味志陽子(玄海)太田記代子(安心な健やか地域づくりをすすめる会)永瀬正枝(玄海)小山みどり(玄海)小山道子(玄海)川口樹里(原発八女ん会)田中美江(原発八女ん会)井上昭子(原発いらんばい・トスの会)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お知らせ「日本縦断 エネルギーセミナー  ドイツ人専門家に聞く、脱原発と自然エネルギーの経済効果」

2011/09/30 16:17
みなさま

グリーンピースから講演会のお知らせです。

元ドイツ銀行の金融アナリストでもあったトーマス・ブリュアーを招いての講演会のお知らせです。
お近くの会場に、ふるってご参加ください!

「日本縦断 エネルギーセミナー
ドイツ人専門家に聞く、脱原発と自然エネルギーの経済効果」




・・・・・・・・・・・
みなさま

【転載・転送歓迎】

この秋、グリーンピースでは、グリーンピース・ドイツのエネルギー部門長であり、
元ドイツ銀行の金融アナリストでもあったトーマス・ブリュアーを招いて、
雇用が増え、農家が潤い、地方が経済の主役になる脱原発政策を紹介します。

東京・北海道・大阪・佐賀で開催します。ふるってご参加ください!
詳細・申込み→ http://www.greenpeace.org/japan/ja/campaign/energy/etour/


「日本縦断 エネルギーセミナー
ドイツ人専門家に聞く、脱原発と自然エネルギーの経済効果」

主催:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン 
協力:株式会社オルタナ

日本に次ぐ世界第4位の経済大国ドイツは、なぜ脱原発へと舵を切ったのでしょうか。


◇「原発の12倍の雇用を生み出した政策とは?」
◇「自然エネルギーを推進した議員が、次々に当選したらしい」
◇「自然エネルギーで農家が潤うってほんとう?」
◇「ドイツの政治家を変えたのは何?」
◇「自然エネルギーで、地方が経済の主役になるらしい」
◇「自然エネルギー産業関連の雇用が6年間で20万人も増えたらしい」

このセミナーではドイツ10年分の経験をふまえ、ドイツ銀行金融アナリストを経てグリーンピース・ドイツのエネルギー部門長となったトーマス・ブリュアーが脱原発と自然エネルギーに関する疑問にお答えします。

また、日本において来年すべての原発が停止しても、電力も雇用もまかなえ、経済効果も二酸化炭素の削減目標達成も可能となる道筋(シナリオ)を描いたグリーンピースのレポート『自然エネルギー革命シナリオ―― 2012年、すべて
の原発停止で日本がよみがえる』についても、ご紹介いたします。




【日本縦断エネルギーセミナー日程・開催地】



■東京 10月8日(土): 14時 -16時

会場:「安田コミュニティプラザ」/定員: 96名
住所:東京都千代田区神田錦町2-9コンフォール安田ビルB1F
アクセス:東西線「竹橋駅」3b出口より徒歩3分、千代田線・半蔵門線「大手町」C2出口徒歩6分、半蔵門線・三田線「神保町」A9出口徒歩7分


■北海道 10月11日(火):18時 -20時
会場:「エルプラザ」4階大研修室/定員:80名
住所:札幌市北区北8条西3丁目札幌エルプラザ内2階、
アクセス:JR「札幌駅」北口より徒歩5分


■大阪 10月12日(水):18時 -20時
会場:「ドーンセンター」大研修室/定員:72名
住所:大阪市中央区大手前1-3-49
アクセス:京阪または谷町線「天満橋」駅、東口改札から地下通路を通って1番出口より東へ約350m
JR東西線「大阪城北詰」駅2番出口より西へ約550m


■佐賀 10月15日(土):14時 -16時
会場:「佐賀市民会館」大会議室/定員:160名 
住所:佐賀市水ヶ江1-2-20
(国道264号線(貫通道路)「佐嘉神社前」交差点から南へ)
アクセス:JR佐賀駅南口バスセンターの3,4,5,7番「佐嘉神社前」下車、徒歩約2分


参加費:1000円(レポート『自然エネルギー革命シナリオ』資料代を含む)、逐次通訳付き、グリーンピース・サポーターは無料
申込方法:Web (http://www.greenpeace.org/japan/etour)申込締め切りはそれぞれ開催日前日の17時とさせていただきます。

記載時間は、セミナー開始の時間です。開場は開始時間の15分前となります。



【講演者紹介】

トーマス・ブリュアー
グリーンピース・ドイツ 気候変動/エネルギー部門長、放射線アドバイザー
ドイツ銀行の金融アナリストを経て2003年より現職



【一般社団法人 グリーンピース・ジャパン】
〒160-0023 東京都新宿区西新宿 8-13-11 NFビル2F
http://www.greenpeace.org/japan
Tel. 03-5338-9800 Fax.03-5338-9817(担当:高田、高木)


鈴木 かずえ
国際環境NGO グリーンピース・ジャパン
エネルギー/核問題担当
Kazue Suzuki Nuclear/Energy campaigner
Greenpeace Japan
Tel:+81-3-5338-9800
Fax:+81-3-5338-9817
Mobile:+81- 80-3017-0046
Email: kazue.suzuki@greenpeace.org
http://www.greenpeace.org/japan
Twitter: gpjTweet

・・・・・・・・・・転送終了・・・・・・  


「脱原発」成長論: 新しい産業革命へ
筑摩書房
金子 勝

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「脱原発」成長論: 新しい産業革命へ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






飛躍するドイツの再生可能エネルギー?地球温暖化防止と持続可能社会構築をめざして
世界思想社教学社
和田 武

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 飛躍するドイツの再生可能エネルギー?地球温暖化防止と持続可能社会構築をめざして の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ドイツ資本主義とエネルギー産業?工業化過程における石炭業・電力業
東京大学出版会
田野 慶子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドイツ資本主義とエネルギー産業?工業化過程における石炭業・電力業 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


9.11 脱原発宣言と、12日に知事へ提出した声明文

2011/09/16 11:33
9.11の佐賀行動(集会とデモ)での、脱原発宣言文と、この日に採択した声明文を掲載します。

9.11の詳細はこちら


声明文は、大きな文書にして、12日知事宛に提出しました。

受け取った担当は、くらし環境本部の川崎さん。
いつものごとく、「受け取るだけで、原子力安全対策室に渡します」の繰り返しでした。

原子力安全対策室の誰に渡したか、そして知事に必ず渡し、知事が市民の声のいっぱい詰まった声明文を受け取った感想も同時に必ず聞くようにと言って、渡してきました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2011年9月11日

玄海原発の地、佐賀より、 9.11 脱原発宣言



私たちは、プルサーマルを国内初で試そうとする九州電力-玄海原発に対し、ウランを燃やすために設計された軽水炉でプルトニウム(MOX燃料)を燃焼させることの危険の大きさについて訴えてきました。しかし、古川康佐賀県知事は、住民の不安を無視し、九電が2009年12月、商業運転を始めてしまいました。よって、私たちは、そのまま見過ごす訳にはいかず、2010年8月9日、九電を相手に裁判を起こしたのです。
それから、プルサーマルは1年間順調だと九電眞部社長が自慢したとたん12月9日に、燃料棒の一次冷却水の放射性ヨウ素漏れ事故を起こし玄海3号機は停止しました。それでも九電は、この事態の重大性を理解せずに「この程度のピンホールは偶発性のモノで、燃料を交換すれば問題なし」と回答、「漏えい個所の特定など徹底した原因究明をして下さい!」という私たち住民の要望をこれまで無視し続けています。私たちは、全く謙虚さを欠く九電のこの姿勢こそ、今回の原発事故を起こした東京電力と共通するものであり、原発を稼働させていく事業者としては不適格だと確信しています。
3月11日の原発震災以降、国と東電の「安易な想定外発言」「不十分なデータ開示(スピーディのデータ隠蔽など)」「事故の過小評価」「経済優先の原発事故対策」などによって、現地は水も空気も大地も食物も放射能に汚染され続け、そこに住む子どもたちや事故現場で働く労働者たちに対し、信じられない程高い年間被曝線量の引き上げが行われました。これは、チェルノブイリの25年間を見るまでもなく、この後、数知れない人々が深刻な被曝被害に見舞われ苦渋の生活を強いられることが予測されます。
にもかかわらず、玄海では、いち早く再稼働をさせようという経済重視の動き、民意を捏造した「やらせメール事件」に県知事自らが加担した事実が発覚、動きは止まったかと見えたのも束の間、不明瞭なストレステストが始動、これは安全基準をパスさせるための目論みかも知れません。データ改ざんやデータの隠蔽・抹消など過ちを次々に起こす電力会社、いつも企業秘密を盾にする原発メーカー、それら事業者に国が丸投げ一任のコンピュータだけの模擬実験法、こんなやり方で出た結果を、私たち市民はとても信じることができません。
 私たちは、野田新内閣に対して、ここに、声を大にして訴えます。これまでの保安院や原発事業者の過ちを正すこと、毅然とした態度による正しい基準ルール作りとそれを遵守する倫理感を明確に示すこと、そして、福島原発の事故原因が解明され、それに対する対策が充分に施されない限り、現在停止中の全国全ての原発に再稼働などありえないということを。
私たちは、全ての原発から発生した全ての放射性廃棄物を100万年も安全管理する責任など持てません。福島原発の事故から人知の及ばない地球の動きがもたらす「原発震災」の恐怖をしっかりと学び、「さよなら原発」〜脱原発の道を実践していくことを子ども達と未来の世代に向けて、玄海原発立地県であるここ佐賀から宣言します。
『3・11東日本大震災と福島原発事故からちょうど半年の今日9月11日、フクシマに思いをこめて―』



9・11再稼動反対・脱原発!全国アクション・佐賀行動 参加者一同
玄海原発プルサーマル裁判の会


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



声 明 文

再稼動の意志を持ちながら中立を装い、
住民の不安の声を無視し、
強引に原発を推し進める佐賀県知事に強い憤りを表明し、
以下を要求する。
 



東京電力福島第一原発が引き起こした重大事故は、6ヶ月が経過した今も収束の目処さえ経っていない。現在も大量の放射性物質が放出されつづけ、福島の水、空気、土壌を汚染している。そしてその汚染は日本全土に広がり続け私達市民を不安に陥れている。

そんな中、住民説明番組に対し九州電力の「やらせ」があったことが発覚。このやらせ問題を議論していた県議会において「私は再稼動は必要という考えを持っていた」という知事の意志が発露された。それまでの「中立を装った知事が判断に時間をかけて思案している姿」に住民は見事だまされてきたのだ。

原発を推進するために国や企業、そして県までがグルとなって住民を欺いてきたのが分かった今、嘘で塗り固めた佐賀県政を厳しく問い直す必要がある。そして、住民が自分で自分を守らなければ今や誰も守ってくれないことを自覚しなければならない。

核を人間が扱う段階に至ってないこと、また地震国日本で原発を動かすことがどれほど危険なことかフクシマの現実から学び、以下を要求するものである。

1.玄海原発1号機、2号機、3号機、4号機すべて廃炉。
2.生命の側に立った県政として放射能から子ども達と県民を守る。
3.脱原発社会を構築すべく、全原発の停止に向け全国の先頭に立つ。


2011年9月11日



9・11再稼動反対・脱原発!全国アクション・佐賀行動 参加者一同
玄海原発プルサーマル裁判の会
                                                                                                                                                                             
画像


画像


画像




東京原発 [DVD]
GPミュージアムソフト

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京原発 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件
平凡社
佐藤 栄佐久

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

福島原発の真実 (平凡社新書)
平凡社
佐藤栄佐久

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 福島原発の真実 (平凡社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2


9.11佐賀行動、すばらしいデモでした!

2011/09/12 06:46
(2011.9.16更新)


 ** 9.11フクシマ180佐賀行動報告 **

 みなさま、ご協力有難うございました。
先ずは、無事デモ・集会が終了できたことを報告いたします。

 「9.11・再稼働反対・脱原発!全国アクション」の中で企画しましたこの度の佐賀のデモ・集会は、参加者一人一人が自分の気持ちを込めて、原発反対の思いのグッズを持参したりして、楽しく行動に参加している様子が会場いっぱいに伝わりました。約130人もの参加者に感動しました。

福島、関東から避難して佐賀に住まいを移された方、また兵庫、鹿児島、宮崎と遠方からの方々、また3.11以降、会を立ち上げ再稼働反対を取り組んでいる方々、、、


木陰で一人の女性に声をかけたら、唐津から「何かしなくてはと思って、誰か知り合い がいる訳でもないけど一人で来ました。」と仰っていました。

佐賀の他団体運動体の方々も参加して下さいました。
本当にいろんな方と共に、一歩一歩今日まで来たんだと感謝致します。

 デモ行進は県庁横からスタートし、県知事公舎前では行進のスピードが自然と止まり、古川知事への日頃からの怒りは命の問題だから真剣で、大きな声となりなりました。

参加者の思いが歩く約1時間半のなかで一緒になって、とても暑い中でしたが皆さん最後まで頑張って下さいました。
暑さが心配でしたが、少し気分が悪くなった方が数人おられたようでしたが、大事に至らずよかったです。

 リレートークは、福島・関東からと避難してきている方々の力強い声を、会場の皆さんと共に聞けて、改めて ”命と自然の大切さ” を受け止めました。
とても清清しい感動のデモでした。

デモの参加者の皆さんに賛同サインしてもらい、翌日12日に巨大声明文(広用紙2枚)を 佐賀県知事に提出しました。

県職員の方もちょっとビックりの顔をしていました。
「必ず県知事に見てもらうように、そしてこの巨大声明文の感想を後日必ず教えて下さい」と対応した職員に伝えました。

 玄海原発は、時間的な猶予もない本当に危険な状態です。
特に1号機は、「脆性遷移温度98度」という世界でも類を見ない老朽化原子炉と言われています。

浜岡原発より危険とも言われ、私達は心配で一刻も早く止めろ!と言っています。
地元に住む私達は、毎日安心できずにいることを、国や佐賀県古川知事、電力会社は全く解かろうとしていません。

福島の事故で、原発の事故は将来に渉り取り返しがつかないものと証明されました。
「経済より命」です。「原発は平和利用」は3.11までの国民への騙しです。今は理由になりません。

今後も出来る限り情報を共有し、また皆さんのお知恵もお願いしなければなりませんが、 国や県知事、玄海町、 九電や佐賀県議会と、力を結集して行動して行きたいと思います。

どうぞ今後とも宜しくお願いします。
本当に有難うございました。

**************************
玄海原発プルサーマル裁判の会
             石丸 初美


ーーーーーーーーーーーーー
【他サイト関連記事】

さよなら玄海原発の会・久留米
「『行動も力』となる 9・11佐賀県庁前アクション行動でした。」
http://blog.goo.ne.jp/yoinoue55/e/90ac86ec8eda4452bc02d47562e92942

さがんまちから
「清志郎とともに、佐賀のまちで『いらねえ!』」
http://blogs.yahoo.co.jp/naganokoji1972/721581.html
ーーーーーーーーーーーーー


画像

画像
画像
画像







記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


いよいよ今日!佐賀行動(デモコース若干変更)

2011/09/11 01:42
(少し補足しました)

いよいよ今日は

9・11再稼働反対・脱原発! 全国アクション(佐賀)


・日   時  2011年9月11日(日) 15時〜18時
・集合場所  佐賀県庁東隣 佐賀県立図書館前広場(佐賀県佐賀市城内2丁目1−41)

    15時  集合
    15時30分〜17時 デモ行進(時間が少し変更になるかも知れません)
(デモは県庁発着です)

     17時〜18時 (集合場所に戻り)各人発言、声明文発表・採択(翌日佐賀県に提出) 解散

http://genkai-saiban.at.webry.info/201108/article_10.html

鳴り物、楽器、プラカード、横断幕、民族衣装、着ぐるみ・・・(!?)
自分が心地よいモノに囲まれてお越しください。

水分や日よけになるもの、汗拭きタオルなど、暑さ対策もお忘れなく!!

ーーーーーーー

若干デモコース変更があります。

当初は、県庁前大通りを北へ向かい、九電佐賀支店→どん3→護国神社→知事公舎→県庁
の予定でしたが、

下のように変更となりました。

県庁→知事公舎→玉屋西側4つ角→八幡神社→佐賀銀行本店でUターン→県庁(3キロ)

ーーーーーーー

配布物やプラカードの準備も万端です。
フリートークでは、福島や関東から避難された方にもご発言をお願いしています。

たくさんの方の参加をお待ちしてます!!!!

画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


 9・11再稼働反対・脱原発! 全国アクション(佐賀)のお知らせ

2011/08/21 10:28
Tweet


 ** 子供達のためにみんなで前に歩きましょう!! **
 9・11再稼働反対・脱原発! 全国アクション(佐賀)



 3・11東日本大地震により、東京電力福島原発事故はいまだ収束するどころか放射能汚染により市民の生活は深刻な状況です。

住民の方の避難生活も余儀なく長期化し、また、地球上の生き物に大切な大地、大気、海への放射能汚染も防げないでいます。
特に子供たちや被曝労働者の被曝は深刻で、心が痛みます。

このような状況でも、電気が必要、経済が大事と言うのでしょうか?
国は泊原発を強行に運転再稼動しました。決して許されません。

 私達は、いかなる理由があろうと「電気より命が大事」人の命と健康が犠牲になるのが前提の発電などあり得ない、私たちはそんな電気は望んでいません。

福島原発事故から半年が経ち、どこの原発でも二度とこの悲劇を繰り返してはならないと痛感しています。
9月11日は全国の皆さんと連帯して、福島の人たちに思いを寄せながら、一緒に佐賀で歩きませんか・・・

 それぞれ自分でできる事から、一歩を踏み出す事で行動した事が残ります。
私達は、これからも古川知事に「市民は原発なしで暮らしたい」と言い続けます。
当日は、巨大声明文を採択し、翌日佐賀県に提出します。

 玄海原発はこの夏、2.3号機なしで暮らせました。
 このまま2.3号機を絶対止めましょう・・!

 玄海1.4号機は12月定期検査で止まります。
 川内2号機も9月定期検査で止まります。

来年3・11震災の日には、全国の原発を止める事が出来るように、みんなで声を挙げ、

原発を止めて、安心して暮らせる生活を、みんなの力で実現させましょう。

周りの方にお声かけして頂き、たくさんの方のご参加をどうぞよろしくお願いします。

当日はまだまだ厳しい暑さが予想されます。
皆様各自で暑さ対策のご準備をお願いします。


        記

日   時  2011年9月11日(日) 15時〜18時

集合場所  佐賀県庁東隣 佐賀県立図書館前広場

    15時  集合      
    15時30分〜17時 デモ行進スタート(時間が少し変更になるかも知れません)

    17時〜18時 声明文発表・採択(翌日佐賀県に提出) 解散
        

★チラシ(PDF)のダウンロードは下からできます。よろしくお願いします。

このページの下のほうです。
http://genkai.ptu.jp/download.html

チラシイメージ
画像



福島原発の真実 (平凡社新書)
平凡社
佐藤栄佐久

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 福島原発の真実 (平凡社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1


トップへ | みんなの「脱原発」ブログ

玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 脱原発のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる