アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「プルサーマル」のブログ記事

みんなの「プルサーマル」ブログ


12・2をはさんだ連続行動を無事終えました!

2013/12/09 17:55
12・2をはさんだ連続行動を無事終えました!

11月30日、原子力防災訓練見学(伊万里市、唐津市、玄海町、小城町を2班に分かれて視察)。
12月1日、NONUKESえひめ集会・伊方原発視察。
12月2日、第4回12・2反プルサーマルの日「みんなで歩く玄海町」。戸別訪問&町長要請&九電要請。
12月3日、佐賀県知事要請行動。



とにかく、かけまわって、現場を見て、ぎょっとしたり、怒りを新たにしたりする一方で、いろんな人達と交流した4日間でした。
2夜連続船中泊、朝4時半とか5時半の早起きの連続で、なかなか寝れない毎日でした。


11月30日の避難訓練は、福島の現実をまったく無視した中身で、決められたことをただただやっているだけの、緊張感のない現場でした。
玄海町住民の避難先となった小城の会場では、原子力安全基盤機構のムラ人による「放射能安全講演会」。大人にも子どもにも同じ内容での洗脳の場でした。その酷さに呆れかえってしまいました。(詳細は別途レポートを書きます)


12月1日のNONUKESえひめ集会・伊方原発視察は、たーくさんの方との出会いや再会、感動がありました。
実は、“12・2”に際して藤田祐幸先生の講演会を12月1日に当初企画していて、チラシもデザインしかけていたところでしたが、広瀬隆さんからの「一生に一度のお願い!」を、真に受けた(笑)石丸初美代表の提起で、「よし、12月1日は愛媛にみんなで行こう!」となったのです。
広瀬隆さんのスピーチ。
「中国で講演した時に、こう言われたことある。“師は遠方より来たる”と。ほめているつもりだろうが、違うんです!自分なんてわざわざ遠くから呼ばなくていいんです。愛媛に呼んでくれなくたっていいんです。愛媛のみなさんだったら、40年間活動を続けてきた斉間淳子さんが、ここにいるじゃないですか。斉間さんが日常的に話していることにもっともっと耳を傾けてください!」
各地にいる“初美さん”に対する最大の激励だと、勝手に感動していました。
東京の仲間、大阪の仲間ともここでおちあい、デモ行進の最後尾で、雨降る中、横断幕、プラカードを掲げながら
「玄海原発再稼働反対!」「伊方原発反対!」「原発情報秘密だらけ」「特定秘密保護法反対」と声をはりあげてきました。


12月2日、第4回12・2反プルサーマルの日「みんなで歩く玄海町」は、東京から5人、大阪から3人、そして高知から澤山保太郎さんを、伊方集会からお連れして、玄海に戻ってきました。

この日最初の行動の玄海町副町長への要請文提出。
これまでの戸別訪問で直に聞いてきた住民の声などや、私達の思いをそのまんま書いたのですが、初美さんが読み上げているのを聞いていて、涙がこぼれてきました。
ふと気づくと、初美さんも、声をつまらせ、涙声で読んでいました。
命を傷つけ、苦しませ、悲しませ、分断し、抑圧する原発、いい加減やめましょうよと、心底思います。

戸別訪問では9グループに分かれて、チラシを配布しながら、住民の方達との対話をしてきました。
棚田などの風景も見ながら、海風を感じながら、初めて玄海町を歩いたみなさんも、直接住民から声を聞いて、「原発を目に前に暮らすということ」について、「何か」を感じてくれたようです。

この日の最後は、発電所への要請。担当課長の事務的な対応に、私達の怒りもヒートアップ。
初美さんの言葉。「私達は普通の生活がしたいだけなんです。こんなところで大声はりあげるなんてふつうじゃないんです。あなたにも子どもがいるでしょう。子ども達のためにも、原発はもう、やめてください!」

12月3日、佐賀県知事要請行動。午前中に古川佐賀県知事への要請。原発そのものに関する要請・質問書と、知事の県民軽視の態度に対する要請・質問を提出。怒りを通りこしていますが、それでも怒らなければなりません。これも詳細は別途報告します。


平日にもかかわらず、遠く玄海の地へ、35人の仲間が、「歩く」ために、集ってくれました。
要請の際にも、原発地元のことを心配しての言葉を、先方に伝えてくれました。
「原発地元」を一緒に歩いて、一緒に感じてきたことは、何よりの財産です。
これまでに1人1人とお話をしてつながってきたことが、またさらに深いところで、つながったような気がしています。
(12・2に参加されたみなさん、玄海町訪をはじめてまわられた各地域の仲間のみなさんに、感想をお寄せくださるよう、お願いします。)


12月2日は、日本初のプルサーマルの日。
12月2日は、世界初の原子炉の日。
私達は忘れません。
来年も、この日に、佐賀の同志達と、そして全国の同志達と、玄海町で行動します。
私達の未来のために!


お伝えしたいことがたくさんあるのですが、移動に次ぐ移動と、交流にめいいっぱい時間を使ったため、追いついていませんが、随時報告していきます、多分(^^;
(N)

12月1日えひめ集会にて↓
画像


伊方原発も見学してきました。↓「異様な雰囲気」でした、、、
画像


12月2日、まずは玄海町役場へ。町長さんは不在でしたので副町長さんが対応。↓
画像


戸別訪問。「棚田百選」にも選ばれた場所で。この近くに玄海原発があります。↓
画像


戸別訪問のあとは、交流集会でした。東京や関西からもかけつけてくれた方たちとも交流できて、また頑張ろうと思いました!!↓
画像


2日最後は、玄海エネルギーパークで、九州電力への要請。担当者は、「上へ伝えます」を繰り替えすだけでした。部屋も準備されず、吹きさらしの玄関の外で。↓
画像


3日は佐賀県知事への要請。ここでも、担当者が出て来るだけ、いつもの1階玄関ホールにて。↓
画像


東京から、えひめ、玄海、そして佐賀県知事要請と、ずっとおつきあいくださった方たちを、佐賀駅でお見送りしました。それぞれの場所で頑張りましょう!チカラは繋がり、ひとつになる!↓
画像
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


あれから2年、さよならプルサーマル12・2緊急佐賀行動

2011/11/14 11:29
「あれから2年、さよならプルサーマル12・2緊急佐賀行動」のお知らせ

★11月25日(金) 集合時間が30分前倒しになりました。


★本日のデモコースは下の方に掲載(2011.11.25)

14時半 14時 佐賀県庁1階ロビー集合

15時 14時半 佐賀県知事へ要請

16時 デモ行進出発(県庁〜知事公舎〜九電佐賀支社を予定)




 通常のウラン燃料にプルトニウムを混ぜたMOX燃料を燃やすプルサーマル。危険度も高まります。

 2005年12月25日に開かれた佐賀県主催プルサーマル公開討論会では、九州電力と佐賀県による大掛かりな「やらせ・仕込み」が行われました。

 古川康・佐賀県知事はこれをもって、日本初のプルサーマル運転にゴーサインを出しました。

 そして、2009年12月2日、日本で初めてプルサーマル営業運転が玄海原発3号機で開始されたのです。



 私達は放射能被害から「普通の生活」を守るため、政府・自治体や九電への要請、市民への広報活動を進めながら、2010年8月9日にプルサーマル運転差止を佐賀地裁へ提訴しました。

 今年3月11日、東日本大震災、福島第一原発大事故発生。

 玄海原発の再稼働反対の仮処分という裁判も起こしました。

 玄海2・3号機の再稼働は「やらせメール」発覚、「ストレステスト実施」もあり、止めることができました。



 10月、玄海4号機も事故を起こしましたが、「やらせ」問題さえも未解決のまま、九電は住民の声を完全に無視して突然の運転再開。

 来る12月2日には、老朽化で最も危険な1号機が、定期検査に入るために停止します。1号機は原子炉がボロボロで、冷やした時に割れて爆発する可能性があると専門家から指摘されています。しかし、九電は「安全に止めます」というだけで、詳しい情報や停止日などを公開しません。

 佐賀県に対しては専門家委員会設置を要請してきましたが、棚上げされたままで、県民の命を守る姿勢をまったく見せていません。

 九電、国、県は、福島の現実から何も学ばず、ひたすらカネのために命を犠牲にし続けているのです。



 プルサーマル開始からちょうど2年となる12月2日を忘れないために、1号機が止まる1週間前の11月25日(金)に行動を起こします。

 私達は不安な気持ちと怒りでいっぱいです。

 しかし、この期間、全国の仲間の皆さんと連携して、原発反対の行動を重ねてきたことで、脱原発へ向けた力がかつてないほどにますます大きくなってきていることを実感しています。

 子ども達と未来の世代のために、再稼働を許さず、すべての原発を廃炉としていきましょう。

 「あれから2年、さよならプルサーマル12・2緊急佐賀行動」にぜひともご参集ください。



玄海原発プルサーマル裁判の会

佐賀市伊勢町2-14

TEL:0952-37-9212 FAX:0952-37-9213

HP:http://genkai.ptu.jp/ E-mail:saiban.jimukyoku@gmail.com


画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11月2日連帯行動ありがとうございました

2011/11/05 23:50
皆様

 11月2日、玄海原発4号機再開で、私達は九州と東京で連帯行動をしました。
3・11が全てを教えてくれた事実を、九電は全く学んでいません。
福島原発事故を受けてもなお、強行しようとする傲慢な九電を許してはならない!と思います。

この緊急事態に、いろんな方が総力挙げて抗議行動に参加して、抗議文作成から集約提出まで、段取りをつけていただき、抗議行動が実現できました。
本当にお疲れ様でした。

1日の夜からたった10時間ばかりで、全国の150団体と個人約8200の賛同が集まりました。

そして、その後も続々と集まってきて、最終的に、160団体と15、457人の賛同をいただきました。
(締め切り後に賛同いただいた方は、掲載できなくて申し訳ありません。)
有難うございました。

この結果は、九電の4号機再開に対し、九州の住民のみならず全国の人たちが、怒りの声を挙げた事の表れです。

経済産業省横の「全国女たちの座り込み」の人たちをはじめ、全国の人たちも参加していただきました。
参議院会館で、記者会見後先ず、枝野大臣の事務所に抗議文提出。

事務所に一旦は通してくれましたが、枝野大臣の秘書らしき女性が出てきて(名札に枝野とありました)、私達と一緒に同行してきたテレビ朝日の記者がカメラを回したことに文句をつけ、「突然来て、カメラをまわしたので対応できない。抗議文も受け取らない」・・「受け取るだけでもダメとは、公人としておかしい」と押し問答。

「突然という言葉は、こちらが言いたい。突然は、九電の再開のことでしょう。」と言った事に対しては返事が出来ず、しぶしぶ文書だけは受け取り、マスコミは頭撮りだけでした。
枝野事務所の対応は高飛車なとても酷い対応でした。

それから、佐賀県東京事務所と九電東京支店に提出しました。
九電東京支店は有楽町駅前、電気ビルの中にあり、前日、Yさんが訪問の予約をしてくださっていましたが、三人までしか入れないと言ってきました。

人数制限は九電のいつもの傲慢なやり方ですが、たった三人とはひどすぎるから、外での対応を希望したら「ならば受け取れない。」・・・まるで脅迫です。
独裁企業です。

Yさん、Oさん、Iが入りました。
対応したのは、業務推進グループ課長ともう一人。

「福島の事故を受けて、原発事故の恐ろしさは取り返しのつかない事と解かったはず。誰もが電気より命と解かる事が、なぜ九電は解からないのか。」との問いに「見解の相違」ととんでもない呆れた答が、横柄な態度で帰ってきました。

やらせで世間に信用失墜している自覚はまるでなし、福島原発事故もまるでなかったかのような九電の態度は、本店も支店も同じでした。

 また、同時刻に九州でも九電本社と佐賀県知事、玄海町長への抗議行動をしました。

九電本社では、6時間にも及ぶやり取り、結果は誠意ある言葉は全くなかったと聞いています。
佐賀、福岡のことは、追っ手また報告があると思います。

九電東京支店前に100〜200人とも知れぬ人たちが駆けつけてくれていました。
三人が交渉している30分ぐらいの間中、表ではリレートークの嵐が続いていました。
私は、7時半まではいましたが、どこからともなくまた別のグループが集まって、九電前はまた騒然とした状況が続いていました。

原発はいらない・・・
原発再稼働させないために、みんなで頑張りましょう。

今回提出したのは、経済産業省枝野大臣、九電東京支店、九電本店、佐賀県知事、玄海町長そして、佐賀県東京事務所です。

東京でお世話になった皆様、有難うございました。

(I)

画像




ある方がニュースをアップしてくださっています。ありがとうございます。



こちらもある方がアップしてくださいました。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


10月21日(金)は第4回公判、ぜひ傍聴を!

2011/10/07 22:51
2011.10.19更新



【玄海原発プルサーマル裁判の第4回口頭弁論のお知らせ】


皆様、プルサーマル裁判第4回口頭弁論を是非とも傍聴されてください。


原告人は優先的に傍聴できますが、その他一般傍聴者は希望が多いときには抽選となります。



■日時:10月21日(金)11:00〜12:00頃
     原告団【長崎の方)による意見陳述があります。

※傍聴券の抽選と配布があります。
10時にはご参集ください。



■会場:佐賀地方裁判所
 http://www.courts.go.jp/saga/about/syozai/sagamain.html

佐賀市中の小路3−22 電話:0952-23-3161)


なお、当日10:00〜門前集会(傍聴準備)を行います。
また、口頭弁論終了後、デモ行進(おおよそ12時前頃から)
コース:佐賀地裁前から九電佐賀支店までデモ行進
※みなさまのアイデアでデモグッズなどを用意してご参加ください。


【記者会見】

■時間:13:00〜14:00
             終了後〜適宜昼食
■会場:アバンセ

【報告集会と勉強会】
■時間:15時〜18時
■内容:公判の内容と今後の運動展開について
■会場:アバンセ
 http://www.avance.or.jp/riyou/_1280.html

※以上の時間はずれ込むことがありますので予めご了承ください。
  また、お忙しいところ大変恐縮ですが、奮ってご参加ください。

 問い合わせ先:http://genkai.ptu.jp/
           
 於保:090-3325−0651
小林:kobayan1594★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)


玄海原発プルサーマル裁判の会 事務局


ーーーーーーーーーーーーーー

これまでの裁判の流れは、
こちらで御覧いただけます。

http://genkai.ptu.jp/20100827sojyo.html

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


玄海1号機容器 大丈夫か

2011/06/10 12:16
(2011,6,11加筆修正)



玄海原発1号機は日本一危険です!
私たちは「一日も早く止めて」と九電、玄海町長、佐賀県知事に申し入れをしています。



玄海原発1号機は、運転開始より35年以上経ち、かなり老朽化しています。

【玄海原発1号機の緊急冷却装置が作動すれば、圧力容器は温度差に耐えられず「カパッ」と割れる。
割れたら、九州は放射能被害で人の住めない場所となるかもしれない。】といわれています。

圧力容器が割れたら、どうなるか?実験はされていません。
地元住民は実験台となっています。

全国の皆さん一緒に声を挙げていただけないでしょうか。

佐賀県・玄海町だけでは済まされない問題です。

事故が起きる前に玄海原発は止めたいと、私達は行動していますが、皆さんのお力がどうしても必要です。
よろしくお願いします。

■玄海町役場
電話 0955-52-2111(代表) 
 FAX 0955-52-3041

■佐賀県庁
電話 0952-24-2111(代表)
 FAX 0952-25-0753

■九州電力
電話 092-761-3031
 FAX 092-761-6944

なお10日は佐賀県庁や福岡県庁で交渉でした。
こちらをご覧ください↓
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2011-06-10


玄海1号機の危険性については、下をご覧ください。
佐賀新聞の投稿欄に掲載された文章を、執筆された方に了解を得て、原文を掲載しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

玄海1号機容器 大丈夫か


 玄海原子力発電所の4つの原発のうち,1号機は運転開始からすでに35年以上経過しており,老朽化に伴う危険が心配である.その危険性のうち以前から指摘されているのが,原子炉容器が長いあいだ大量の中性子照射を受けて硬く脆くなることだ.金属の「中性子脆化」と言われる.

 私は金属工学が専門ではないが,今回の福島第一原発の惨事の遠因は,原発問題を原子力工学などの専門家任せにしていたことにもあると思うので,巨大な危険を伴う技術では,専門外の人間も大いに関心を持ち,発言する必要があるだろう.そこでこの問題を少し調べてみた.

 固体は高温では柔らかく粘りがあるが,低温では硬く割れやすくなる.板チョコを想像すればいい.夏は柔らかくて割りにくいが,冬はパチンと割れる.原子炉容器の鋼鉄も同じことで,粘りのある状態から割れやすい状態に性質が変わる“分かれ目の温度”を「脆性遷移温度」という.「温度」と言っても固体の性質を表す数字のことだ.

 中性子照射を受け続けるとこの数字が徐々に上がる.つまり粘りを示す温度範囲がだんだん狭まり,さほど低くない温度でも割れやすくなる.しかも同時に,粘りを示す高温域での破壊強度も低下する.

 この脆性遷移温度という数字が上がりすぎると,福島の事態のように原子炉を急冷するときに危険だ.もし容器がこの温度よりも冷やされると,原子炉容器が割れてしまうという大変な事態になるかも知れない.したがってこの数字を監視することが重要だ.そのため原子炉容器と同じ材質の切れ端(試験片)が原子炉内に入れてあり,定期的に取り出し破壊試験をしてこの脆性遷移温度を調べる.

 ところが玄海1号機に関して,この数字の異常な上昇が明らかになった.2009年に取り出された試験片の数字が,予測値(70℃前後)よりも大幅に高い98℃という値を示したのである.

 問題なのは,この数値がどの程度危険かについて第三者が詳しく調べようとしても,データの詳細が公表されていないことだ.この破壊試験の詳細も,また試験片の脆性遷移温度の数値から原子炉容器本体の脆性遷移温度を推定する方法の詳細も公表されていない.さらに,粘りを示す高温域での強度も不明だ.これでは「1号機の原子炉容器がいつのまにかセトモノになっていた」という悪夢にうなされるかも知れない.

 原子力安全・保安院に,この脆性遷移温度という安全性に係わる重要な数字について,どこまで許容出来ると見ているかを電話で尋ねてみた.驚くことに「そのような数字は特に決まっていない」という返事だ.目安とする数字もなしに安全が担保出来るのだろうか?老朽原発の安全性についてこの機関が真剣に考えているのか疑わしい.

 福島原発事故以来,放射能や放射線についての知識が一般人にとっての不可欠の常識となってしまった.同様に,老朽化した1号炉の周りに住む私たちが安全に生きるためには,その原子炉に核燃料がある限り,「脆性遷移温度」や金属の破壊についての知識が不可欠となっている.九電にはこの問題に関する情報の全面的な公開を求めたい.(大学教員,63歳)

Tweet
記事へ驚いた ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 3


3月14日、緊急アピール行動をしました。

2011/04/22 23:30
3月14日の緊急アピールの告知文です。
アピール文は下の方です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

福島第一3号機は予断を許せない状況ですが、
私たちも福岡佐賀で九州電力本社に緊急アピール行動します。

また、並行して玄海町と佐賀県庁もアピール行動をします。
下記のとおり、参加出来るところに是非、参加してください!

■日時:3月14日(月)午前10時半
■場所:九州電力本社 1階ロビー

★佐賀県庁:13:00
★玄海町:15:00


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アピール文

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2011年3月14日


九州電力の玄海原子力発電の即時停止を求める緊急アピール

九州電力株式会社
取締役社長 眞部 利應 様
                   
玄海原発プルサーマル裁判の会他83団体

3月 11日(金)、MOX燃料差し止め請求訴訟の第二回公判が行われ、私たちは、その中で放射能の危険性を訴えました。原子炉の中で、膨大で危険な放射性物質が生産され続けています。
まさにその1時間前に、東北関東では、国内観測史上最大のマグニチュード9.0という未曽有の大地震が起こりました。

地震によって福島原発では、国内初の炉心溶融が起こっています。福島原発第1の3号炉は、プルサーマル発電を行い、32体のMOX燃料が装荷されています。燃料集合体が2m近くむき出しの状態であり溶融が心配されています。また、東京電力からの情報は、非常に限られていて2次災害の恐れが懸念されます。
今回の事故がどれだけの被害をもたらすか想像に絶するものがあります。日本は世界一の地震国であり、原子力発電を行うのなら「想定していない地震」などあってはならないことです。

今回の原子力災害に鑑み、緊急に私たちは、玄海原子力発電所の即時停止と点検、およびプルサーマル発電の永久停止を求めます。


連絡先: 石丸 初美

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月8日、九電本社で抗議行動

2011/04/22 23:16
3月8日、2回目のNOX燃料装荷前に、九電本社で抗議行動をしました。
その告知文です。

今、活動をさかのぼって、活動の軌跡をブログに掲載していますが、
この頃は、まだ「フクシマ」前だったのだなと思うと、とても悲しいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



3月8日、九電は2回目のMOXを装荷するというのに、マスコミにも県にも特別な連絡もしていません。


九電は、なるべく普通の定期検査を装い大げさにしたくないのでしょう。
明日(3月9日)から、玄海3号機の新たな実験に入るのです。


市民に何も知らせずに、本当に許せません。


下記の時間で抗議行動を予定しています。
毎日お疲れの事と思いますが、時間の取れる方はよろしくお願いします。


【3月8日(火)の予定】

街宣      午後12時30分〜13時30分 福岡天神コア前から九電本社まで

記者会見   午後14時〜 九州電力本社1階ロビーで

抗議文提出 午後14時30分〜 九州電力本社1階ロビーにて抗議文提出

         石丸初美
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


3月1日は唐津市、玄海町、伊万里市議会へ請願書提出

2011/04/22 21:48
3月1日、
唐津市議会〜玄海町議会〜伊万里市議会との請願提出と面談に参加された皆様、大変お疲れさまでした。
【参加者:Iさん、Oさん、Hさん、Yさん、Tさん、Yさん、Tさん、Yさん、Tさん、Tさん、Yさん、佐大生のU君、Kの13名】



■簡単ですが特に愕然とした玄海町の一部報告です。

あいにくの天候で玄海町でのポスティングが出来なかったことが残念でした。
また、Yさん、Tさんが短時間の参加にも拘わらず貴重な時間を割いて参加してくださったのに玄海町議会のあの対応には腹立たしい想いが残りました。


びっくり仰天したのは議会事務室に入った途端、タバコの煙が!
平然と喫煙状態に時代錯誤を感じました。

佐賀新聞唐津支局の林記者と佐賀TVともう一社の取材がありましたが、請願書の提出場面の同席も写真撮影も拒否されました。


九電の隠蔽体質に良く似てると感じました。


林記者は何度も食い下がって『それでは記事に写真撮影を拒否されたと書かなければなりません!何とか…』と懇願されましたがきっぱり『議長がダメだと言ってる!』でした。


用意された部屋は7人分の椅子、議長以下議員は4名、中に入れるのは3名。
従って参加した12名のうち10名は不本意にも事務室の中で待たされました。


その前に訪問した唐津市議会、人数を見てとっさに別室を用意された対応とは格段の差を感じました。


さらに部屋に入って請願書を提出された石丸さん、於保さん、原さんからの
お話では議長以下議員の仰天
発言が次々に!

九電が第三者機関のホットラボに漏れた燃料体を送って
精密に調べるカネがあるならこっち(玄海町)に回して欲しいと
そう言う意味の発言があったそうです。


『原子炉を何日も止めて九電も大損害だったろう…』
まるでカネの亡者です!
住民のために安全性を求めるなんて微塵もありません。


また、自分達の決議したことは町民全体の総意だと断言されたそうです。
玄海町民が気の毒でなりません。
言葉使いからも品格とか、ほど遠く感じました。
こんな人達に町政が委ねられているとは悲し過ぎます。


こう言う中で唯一闘っているF議員さんの
並大抵でない意志の強さと日頃のご苦労を想像しています。
(九電から飲食の接待もあるようですが、
 Fさんだけに連絡が入らないとか信じ難い差別の世界です。)

(K)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

請願書

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



玄海原発3号機の放射能漏れの原因究明を求める請願書


請願趣旨

玄海原発3号機の放射能漏れの原因究明を求める


請願の理由

九州電力鰍ヘ、昨年末に玄海原子力発電所3号機において、一次冷却水に放射能漏れをおこし、12月11日発電を停止しました。
その後、放射能漏れの原因究明を自ら放棄し、「微細な穴(ピンホール)による偶発的な事故と推定される」として、「推定」のまま、新たに発電を再開しようとしています。
 私たち市民は、放射能漏れ直後から九州電力に対して、徹底的な原因究明と情報公開を求めてきました。
2月22日の九州電力の説明によると、過去8回の放射能漏れをおこしていながら、そのすべてにおける漏えい個所が不明のまま、「微細な穴(ピンホール)」と結論付け、その後の追加調査すら行っていません。
 今回の放射能漏れに関しても、これ以上の原因特定に向けた調査をしないことを断言したのです。
これは、あまりにも市民の安全を無視した姿勢ではないでしょうか。

九州電力は「関電の大飯原発の原因も踏まえ、今回の調査を実施した」としています。その関電は2体を原子炉廃止措置研究開発センターのホットラボに持ち込み継続検査中で、これら2体と同一のメーカー及び同一時期製造の集合体は使用しないとの対策を取ったのです。
九電はホットラボに持ち込むこともしない、と言ったのです。
 8回の放射能漏れは、すべて理由があって必然的に起こったことであり、特に今回はMOX燃料を入れた3号機であり、その危険性はこれまでの比ではありません。
MOX燃料に偶発的に穴が開いて、放射能が漏れてからでは遅いのです。


請願項目

以下を町議会において議決して、九電に申し入れを行なってください。
1 九電は他の電力会社例えば関電並みに、丁寧で詳しいプレスリリースを心がけること。
2 議会と市民向けに説明会をおこなう。
3 漏洩燃料体をホットラボに持ち込み、原因を特定する。
4 放射能漏れを起した燃料棒と同一メーカー、同一製造時期の集合体は使わない
5 原因が特定され、安全が確認されるまで、玄海原発3号機のプルサーマル運転は行なわない。

                                 平成23年3月1日

玄海町議会議長 岩下 孝嗣 様
請願者
玄海原発プルサーマル裁判の会他83団体  
849-0937 佐賀市鍋島6丁目3-8
                                 石丸初美
       
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


5月17日ー18日、鹿児島と連携して九電抗議行動(多数参加ください)

2011/04/22 11:11
「九電本店前ひろば」進行中ですが、

5月17日(火)−18日(水)、
九電本社前で抗議行動を行います。
鹿児島の方たちと連携しての行動です。


(鹿児島の川内原発「温廃水」訴訟の応援よろしくお願いします!)




九州各県からの参加をお願いします!

菊地洋一さんもかけつけてくださいます。

菊地さんの魂の叫び…2011年4月15日の中部電力交渉の様子ご覧ください

http://www.youtube.com/watch?v=gNWVljrvl3o



【17日火曜日の予定】

13:00 九電前本店前集合

その後、テントを張り座り込み。
原発さよなら署名をする。

交流会。

【18日水曜日の予定】

13:00〜15:00 九電本店 申入書提出



詳細がわかり次第、またお知らせします。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ ★☆【その2】

2011/04/21 15:18
全国のみなさま

遅れ馳せながら福岡でも新たなしかも力強い行動を開始しています。
私たち「裁判の会」でも個人賛同呼びかけ人として参加しています。

今後のご支援よろしくお願いします。

【転送・転載大歓迎】

  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ ★☆

  九州電力へのアピール・座り込みテント「ひろば」は
     続けます。毎日(24時間)

 場 所:九電本店前 
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     福岡市中央区渡辺通2丁目1−82   

第1日目報告 4月20日(水)13:00から
呼びかけ人のひとり、
いのうえしんぢさん(みらい実行委員会)メールから

↓ 九電申し入れ・アピール 写真も掲載。
http://nonukes.exblog.jp/


13時には80名を越す人たち(鹿児島、大分、佐賀、
北九州など)が集まって、申し入れの回答を求め
ました。案の定な九電広報課M氏の対応でした…。
別に個人攻撃をするつもりは毛頭ないのですが、
彼を目の前にしていると、温和な僕でも「敵対性」
なんてものがにょっきり顔をのぞかせたりします。
ということで、生理的に苦手な人物…。

こういう一見無駄で不毛に思えるやりとりでも、
なんらかの交渉の一歩になっているのかもしれま
せん。だって、通常僕らが申し入れをしても、部
屋にもいれてさえもらえないのに(今日もひどい
対応だけど)通されましたし。声をあげることは
意味のあることだと信じることしか僕にはありま
せん。


仕事が残っているためにしょうがなかったのです
が、九州各地からやってきた魅力ある人たちがい
っぱい残ってらっしゃって、テントで泊まりたい
気持ちを押さえつつ帰宅しました。

スケジュールとしては、朝8〜9時頃は出勤中のみ
なさんに向けてマイクアピール。その後、申し入
れの回答を引き続き交渉します。お昼くらいから
は、天神でチラシ配付、署名集めなどをするつも
りです。

無期限で続ける(汗…)ひろばにみなさん、どう
ぞ寄ってください。これからのエネルギーシフト
への未来を語りましょう。

・欲しいもの = ブルーシート

それでは ひろばで会いましょう。
・・・・・・・・・・・・・
呼びかけ人のひとり、
小林栄子(玄海原発プルサーマル裁判の会・広報)メールから

私たちも本当に久しぶりの九電側・M氏との対面でしたが、
相変わらずに開き直りの態度で、ますます怒り心頭でした。

交渉に応じるどころか、あまりの人数の多さになんと倉庫のような
4畳半くらいの部屋に20-30人あまりの人が閉じ込められました。
まるで使用済み燃料のごとくぎゅうぎゅう詰めにされました。
 
 ロビーで騒がれては他のお客様に迷惑なんでしょう。
そこで考えた苦肉の策がこの結果。

まるで人間扱いではありません。
「止める・冷やす・閉じ込める」を
予行演習?実験したみたいです!

なるほどこう言うことですか?
冷えるどころか怒りが爆発!
「私たちは放射能じゃなーい!」と皆さん口々に叫びました。

皆さんの協力であっという間にテント村が…
2年前のテント村を思い出す光景が広がっていました。

福島から避難されてるママさんも赤ちゃん抱っこして
元気に通行人に呼び掛けていました。

気がつくと薄く暗くなっていました。
署名用紙をお願いしています。
明日、ノートを用意しますので、
お立ち寄りの方々に好きなこと思いの丈を
自由に書いて欲しいと思っています。

また、本日「呼びかけ人になってください!」と呼びかけて
以下の20名の方が了解してくださいました。
どうぞよろしくお願いします。            

★引き続き 
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ ★☆
は呼びかけ人を募集しています。 
賛同してくださる方はお近くの呼びかけ人にお知らせください。 

★気力と体力そしてお金の続く限り、テント村ひろばを続行します。
 差し入れ(カンパも)大歓迎です!

 どうぞご支援よろしくお願いします。

【当初の呼びかけ人】10名                
小坂正則    脱原発大分ネットワーク事務局長) 
深江 守     脱原発ネットワーク・九州代表)    
木村京子    九州電力消費者株主の会・代表)
西山 進    福岡市原爆被害者の会顧問・漫画家)
いのうえしんぢ   みらい実行委員会
山中陽子     特定非営利活動法人たんぽぽとりで)
古瀬加奈子  夜の大学生
荒川謙一  日本熊森協会 福岡県支部)
筒井 修   福岡地区合同労働組合・代表執行委員)
青柳行信    核・ウラン兵器廃絶キャンペーン福岡・事務局長)
石丸初美   玄海原発プルサーマル裁判の会・代表)
小林栄子   玄海原発プルサーマル裁判の会・広報)

【4月20日】20名
伊藤莞爾   写真の会パトローネ
向原祥隆   反原発かごしまネット
西山千賀子   リラクゼーションサロンあしや
朝野 明    打倒原発市民革命ふくおか
神林雄一    アーティスト
山根万梨恵   アニマルライツセンター
宇田純子    たんぽぽ舎
荒木龍昇    福岡市議
於保泰正    風土研究会
武富泰毅    武富塾
岩崎わか     原発なしで暮らしたい水俣
柴田智子    日本語教師
小櫻千明     日本熊森協会鹿児島県支部
和田麻衣子   あすなろ行政書士事務所
上条俊介    反戦共同行動福岡
藤本紀美子  玄海原発プルサーマル裁判の会・広報
樋口明子    玄海原発プルサーマル裁判を支える会
橋爪健郎    反原発かごしまネット
大松 康    清か農園
甘蔗 健仁   糸島の未来を考える若者の会 
             (4月20日19時現在:合計30名です)
★引き続き呼びかけ人を募集しています。 
      
      

Twitterで拡散してくださる方は、以下をお使いください。
【拡散希望】
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
  ☆あなたの時間を原発いらない思いの人々と一緒に
☆ご都合の良いときお立ち寄り 共に語り青空講座など自由空間を!
♪ 歌い ♪ みなさん、一緒に座ってみませんか★
(テントもあります。泊まれます。)
   毎日24時間
  場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
  
★今日もこれからテント村ひろばに出掛けます。
何もかもが手一杯でご報告が遅れて申し訳ございません。
全国から呼びかけ人を募集しています。
玄海2・3号機運転再開を阻止して更に原発廃炉まで
訴えています。
今こそ力を結集してよろしくお願いします。

(一部転載終了)
小林栄子
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


タイトル 日 時
★☆原発とめよう! 九電本店前ひろば★☆
下記の集いご参加よろしくお願いします。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/19 23:21
2月25日、九電への抗議行動他の報告
25日の参加者:Iさん、Oさん、Yさん、Yさん、Hさん、Hさん、K、そして提出団体から2名の参加でした) Mさんは午前中の福岡県防災消防課 申し入れ行動。  (県政記者室に投げ込み済み後) 本当に連日の活動、お疲れさまです。 私たちは質問の積み残しを整理するためにテープ起こしから、 2日間も徹夜しての作業を済ませ、昨日の提出に臨みました。 ところが先方は質問積み残しの整理いつ終わるか分からないと 平然とEさん。 プルサーマルを継続しようとする中で、その不誠実な態... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/04/12 17:38
2月25日抗議行動の取材依頼文
過日のことですが、2月25日の抗議行動の取材を、マスコミにお願いしました。 その依頼文です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/12 17:08
2011年2月25日九電への抗議行動、福岡県へ申し入れ呼びかけ
過日のことですが、2月22日の九電の対応に対し、抗議行動をしました。 また、福岡県へも申し入れをしました。 その呼びかけ文です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/12 17:02
2月22日説明会での九電の回答
2月22日説明会での九電の回答 2011年2月22日、これまでの質問に、九電は一応回答をしましたが、私たちは2ヶ月間も待たされた挙句の果てに全く納得のいかない回答しか示されなかったばかりか、時間切れで途中で退席という屈辱的な九電の対応にこのまま黙っていられません。 九電のMさんはビデオ撮りについて、(1分20秒の)まるで鬼の首でも取ったような強気の発言を繰り返しています。 「謝って済まされることじゃない!」って一体どう言うことでしょう。 何がそんなに迷惑をかけたのかさっぱり分かりません。 いざとなれば保安院... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/12 15:49
2月17日九電へ提出、放射能漏れ等に関する質問書
2011年2月17日に提出した質問書です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/31 13:08
2月17日九電に対する抗議行動
先月のことになりますが、 2月17日の抗議行動についてのアナウンスを載せます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/21 18:59
2月4日の九電抗議【九電社長辞任要求】
だいぶ時間がたってしまいましたが、 去る2月4日に、九電社長の辞任を求めて、要求書を提出しました。(64団体) ここに、その報告を載せます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/21 17:36
福岡・佐賀での行動
裁判の会よりお願いです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/19 07:22
避難拡大をすべきです!
美浜の会さんからのメールを転載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/03/17 23:13
第2回口頭弁論のお知らせ
【玄海原発プルサーマル裁判の第2回口頭弁論のお知らせ】 皆様、プルサーマル裁判第2回口頭弁論に是非とも傍聴されてください。 昨年12月玄海3号炉の放射能漏れ事故から私たちは3-4回と質問状と 要請書.抗議文を提出して来ました。【最終提出時78団体 現在84団体】 説明会開催まで2ヶ月間も待たされた挙句の果てに九電は誠意ある回答を示さないばかりか、原因究明さえ不十分のまま、新たにMOX燃料を装荷しようとしています。 今回の交渉で裁判の論点から発展してさらに九電の根... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/02 23:57
第2回公判は3月11日(金)です(訂正お願いします)
29日、30日の報道写真家の樋口健二さんの講演会に 多数ご出席くださいましてありがとうございました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/31 10:27
1月20日、九電へ
全国の皆様 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/25 23:43
1月6日の九電交渉
1月6日は、「怒髪天を衝く会」さんが昨年12月27日九電に提出された 要望と質問の回答期限でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/12 16:16
勉強会のお知らせ(現在の状況を知るために)
九電のヨウ素漏れ事故で3号機が止まっているこの機会を逃さずに、その原因追及と情報公開を九電と交渉していくために、私たち自身の勉強会が必要ではないかと思っていましたところ、講師として小山さんが時間をとって下さいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/11 09:27
27日、「怒髪天を衝く会」さんに同行(九州電力への質問)
今回12月9日のヨウ素濃度上昇の情報入手してから、 私たちは九電に限らず、佐賀県内の行政機関にも要請書を提出してきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/30 22:51
12月24日、九電や唐津市長、オフサイトセンターなどへ交渉
前後してすみません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/30 22:42
玉屋前ちらし配布、シール投票
玉屋前ちらし配布、シール投票 12月25日(土)の佐賀はとても寒い一日でした。佐賀市内も少しだけ雪がちらついていました。 佐賀市の三瀬村や神埼市の脊振町は雪だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/26 08:40
佐賀市長へ初めての申し入れ
22日、ヨウ素漏れ事故の要望書を「佐賀市長」と「佐賀市議会議長」宛提出して来ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/24 12:15
裁判ニュース1号発行・ヨウ素漏れ事故チラシまき 及び街頭アンケートの実施
 日頃より裁判の会の活動にご支援ご協力いただき心より感謝申し上げます。 今年もあとわずかになりました。  2010年という年は、私達にとって忘れられない年になりました。 全国の皆様のお陰で、裁判という市民にはかけ離れた巨大な問題への挑戦をする勇気を与えていただきました。 本当にありがとうございました。心より深く感謝申し上げます。    さて、12月1日の第1回裁判ニュースが出来ましたのでお知らせいたします。 http://genkai.ptu.jp/download.html... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/23 20:16
玄海プルサーマル裁判ニュース発行のお知らせ
いつもあたたかいご支援ありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/21 13:10
福井県知事へメッセージを(高浜プルサーマル起動しないで)
高浜3号のプルサーマル起動を認めないで! というメッセージを、福井県知事へ送りましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/14 21:26
高浜3号プルサーマル起動中止を!
高浜3号プルサーマル起動まであと8日。 高浜と同じメロックス社製のMOX燃料が入った玄海3号機では、9日に放射能漏洩事故が起こりました。 九電の調査結果が出るまでは、決して起動をゆるしてはいけません。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/12/14 13:26
明日と明後日、要請書提出
明日と明後日、九電や、佐賀県などに要請書を提出します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/14 13:15
12月1日第1回公判報告
12月1日第1回公判報告 12月1日(水) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/08 13:41
11月30日〜12月1日自転車キャラバン
11月30日〜12月1日自転車キャラバン 11月30日から第1回公判日の12月1日にかけて、 自転車キャラバンを行いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/08 13:02
12月2日佐賀県知事へ抗議文提出
12月2日佐賀県知事へ抗議文提出 12月2日、古川知事に抗議文をわたしに県庁に行きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/08 11:51
いよいよ第1回公判です。
2010年12月1日はいよいよ第1回公判です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/27 13:36
高浜MOX装荷STOPへ賛同をお願いします!(美浜の会さん)
美浜の会さんが、高浜MOX装荷STOPの賛同を集めていらっしゃいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/18 10:35
唐津、福岡、長崎でシール投票
先月より、3カ所でシール投票を行いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/12 09:51
[そいぎ」出発式!
[そいぎ」出発式! 機関紙「そいぎ」出発式! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/12 08:55
2010年10月20日は進行協議会報告会
皆様 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/19 18:32
機関紙「そいぎ」発行記念集会のお知らせ
全国の皆さまへ(転送お願いします) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/09 12:29
福島からの緊急のお願い!
福島原発プルサーマルにトラブル。 http://www.47news.jp/news/2010/09/post_20100919140405.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/20 10:45
第3回プルサーマル勉強会、講師:菊地洋一さん
第3回 プルサーマル勉強会のお知らせ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2010/08/22 20:28
2010年平和のための戦争展ふくおか 出展
「2010年平和のための戦争展ふくおか」へ 裁判の会が出展します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/22 19:27
2010年8月9日 提訴
2010年8月9日 提訴 皆 様 玄海原発プルサーマル裁判の会 原告団団長 石丸 初美 事務局長   於保 泰正 8月9日2時に原告団130名で訴状を佐賀地方裁判所に提出し受理されました。 いよいよ戦いのスタート地点に立つことができました。 これも、3名の弁護士 美浜の会、グリーンアクションを初めとして多くの人たちの支援でできました。 提訴後の集会では、アメリカからおいでくださったBeyond Nuclearのケビン・キャンプス氏から、連帯の熱い挨拶がありました。全国だけでなく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/10 21:52
海外からもメッセージをいただいています
いよいよ提訴を9日にひかえ、 海外の平和運動や反核活動をされている方からも ぞくぞくとメッセージを寄せていただいております。 (10日加筆) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/08 09:02
提訴日が決まりました。2010年8月9日(月)
提訴日が決まりました。2010年8月9日(月) 多くの方々のご協力のもと、提訴日が2010年8月9日(月)と決定しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/24 14:45
2010年8月8日勉強会、講師変更のお知らせ
毎月第2日曜日にプルサーマル関連の勉強会を開催します。 どなたでもおいでいただけます。 たくさんのご参加をお待ちしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/24 14:05
応援メッセージを募集しています
私たち「玄海原発プルサーマル裁判の会」の活動に賛同してくださる方の応援メッセージを募集しております。いただいたメッセージでご了解をいただいたものは、ホームページに掲載させていただきます。どうぞよろしくお願いします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 15

2010/07/18 10:14
原告団受付の締め切り日
原告団の受付の締め切り日が決まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/15 20:09
第2回勉強会のお知らせ
2010年8月8日の勉強会は、当初以下のように予定しておりましたが、 講師の方と内容が変更となりました。 ご注意ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/13 08:17
仙台での集会参加の報告
 7月3日仙台で、東北電力女川原発3号機のプルサーマルを止めるため「プルサーマルいらないねっと仙台」の立上げ集会に参加、玄海裁判のアピールをさせていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/06 16:02
6月28日玄海での抗議行動(2)
  28日のMOX搬入抗議行動お疲れ様でした。  平日(月)であったため、昨年1回目(5/28は土曜日)程の市民が集合出来ませんでしたが、私達の熱気は劣っていませんでした。  6時50分ごろゲート前に到着し、正面に雨合羽の白装束の社員が集団で歓迎して、私達を誘導してくれました。  玄海湾には輸送船「PACIFIC HERON」号をお守りするため、護衛艦が10隻近く浮かんでいました。空にはヘリコプター・・道路には、警備員・・何事が起きているのか?と思う光景です。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/30 23:20
6月28日玄海での抗議行動
 昨日は2回目のMOX搬入阻止抗議行動に参加させて頂きました。  提訴を前にして世論喚起も必須ですが、最近耳にした愕然とする情報の数々が「諦めていないぞ!」と自分自身を突き動かした気がしています。  初めて、Yさんが被曝労働者のことを抗議・声明文に書き、代読させて頂きました。毛頭、先方がどんな反応を示すかなんて期待はありません。きっとこれまで同様に無視するだろうと思います。が、『被曝労働者』のことを言わずにはいられなかったです。 私たちは4時起きして5時に車2台に分乗し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/30 22:59
第1回勉強会のお知らせ
毎月第2日曜日にプルサーマル関連の勉強会を開催します。 どなたでもおいでいただけます。 たくさんのご参加をお待ちしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/30 22:23
愛媛へ報告に行きます
愛媛で報告の機会をいただきました。 当日のプログラムをここにご紹介します。 お近くの方はぜひ、おいでください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/28 01:26
2010年7月3日宮城の集会でアピールします。
玄海原発プルサーマル裁判の会が宮城の集会でアピールの機会をいただきました。 お近くの方はぜひご参加ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/26 20:03
メッセージありがとうございます
山梨県の佐藤桂子様より当会へメールをいただきました。 これから裁判に臨む者として、とても励まされる内容です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/15 10:08
佐賀のプルサーマル原発反対の裁判闘争
佐賀の玄海原発のプルサーマルが強行されている。これに対する反対運動も、裁判での公判闘争に転化しようとし、私もその支援グループの一員に名を連ねている。佐賀の闘いは全九州に広がり、プルサーマル計画の強行発展に連れて、更に全国的な問題になろうとしている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/14 09:54
玄海プルサーマル裁判首都圏支援者集会のおしらせ
首都圏の玄海プルサーマル裁判支援者集会を兼ねた プルサーマル反対集会を開催します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/05 08:58
国交省、保安院交渉報告(3)
2010年3月1日、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/09 23:35
国交省、保安院交渉報告(2)
2010年3月1日、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/03 09:22
国交省、保安院交渉報告。
2010年3月1日、 国交省と保安院との交渉。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/02 08:40
この「裁判」にかたって(協力して)下さい。
この「裁判」にかたって(協力して)下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/01 00:15
2010年2月21日。いよいよこれから始まります
 現在、稼働中の玄海3号機で使われているMOX燃料についてその安全性を問う裁判をスタートさせようという集会が、2月21日佐賀市の教育会館で開かれ約80人が参加しました。  裁判の争点は科学的には大きく2点。1つ目は「現在、玄海原発で使用しているMOX燃料が粗悪品なため燃料を覆っている被覆管に損傷を起こし、結果、住民に被害をもたらす」 2つ目は「使用済みMOX燃料の行き場がないため、玄海原発の敷地内に半永久的に据え置かれる可能性がある」ということです。  美浜の会の小山英之さんのより詳しい説... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/22 23:26

トップへ | みんなの「プルサーマル」ブログ

玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会 プルサーマルのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる