玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会

アクセスカウンタ

zoom RSS 連日の命乞い行動(27日委員会傍聴、28日九電株主総会)

<<   作成日時 : 2011/06/29 08:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

Tweet



 連日佐賀県は、強硬なやり方で玄海原発を再稼動しようと必死です。
右往左往させられ、皆さんも大変疲れが溜ってきておられることだと思います。


■文教委員会傍聴


 27日は、県へ提出していた請願書を文教委員会で審議される日で、朝10時から21時まで、傍聴しました。(会より6人参加)

その審議の中で、宮崎議員の正式な要請によりやっとのことで、古川知事が委員会へ出てきました。

古川知事は、「住民説明会を、県主催でやるように先ほど決心した」と突然の知事発表 にまわりもマスコミもびっくり。

そして、何と海江田大臣と菅総理を佐賀へ来きてもらおうと知事に要求しました。
何をどうしようと企んでいるのか、だんだん理解できなくなりました。

それを受けて、今日の海江田来佐情報です。




28日は、早朝から九電総会抗議集会ににたくさんの方が集まりました。

 総会後の反省会があったのですが、私達6人は、江北町長訪問のため参加せず、急いで佐賀に戻りました。
(江北町長との面談報告はまた、後程報告あるかと思います。)

その帰りの車中、突然明日29日海江田大臣が佐賀入りとの情報が飛び込んで・・・
玄海2号機3号機の再稼動に向けての来佐と言う事でした。こんなにも急ぐのか・・・と思います。

 福島原発は、未だ収束の目途さえ立っていないこの時期に、海江田大臣は全国の電力会社に向けて再稼動を要請し安全宣言をしました。(6/18)
このこと事態が全くもって許せない事です。
古川知事と海江田大臣に抗議文を明日提出する事にしています。


ーーーーーーーーーーー


■九電総会参加報告

海江田安全宣言を受けてか、28日の九電株主総会は原発推進まっしぐら総会でした。
国からお墨付きを頂いた原発だからという開き直りでした。
反原発株主の意見は、軽く笑い事にしたり(真面目にやってよと思いました)、

たくさんの人が手を上げているにも拘らず、「あと一人にします」と切り捨てたり、
話の途中で打ち切ったり酷い司会でした。 ・・・司会は眞部社長!です。

3.11後の東電と同じ電力会社の初の総会とは到底思えませんでした。
私は、株主として出席し「修正動議」を提案しました。(Kさんから依頼で)

「1号機の廃炉を求める動議」を出しました。
しかし、私が総会の進行のやり方をよく理解していなかったせいもあり、司会者(社長) が、それをいいことにはぐらかされてしまいました。

Kさんから「あれはあれでよかった。来ている人に、1号機のことを広報できたこと。 こういう積み重ねでこれからも行きましょうね」と言っていただき、少しほっとしました。
心の広い方です。

 また、最後の頃に女性の方が手を上げて、「福島の方からのメールを読み上げます」 と言って、その文を読み始めました。
数分も立たないうちに司会者から「株主で無い人の意見は止めて下さい」と言うのです。

するとその方は「私が株主ですから読みます。」と言って続けられました。
司会者・・忠告します。株主でないのは認めません。
女性・・読み続ける。

司会者・・2回目の忠告します。
まだ読み続ける。・・

そして「3回目の忠告です。止めなければマイクを取り上げます。」と司会者が言うと、
あっという間にその方の周りを5、6人の男性が取り囲み、マイクを取り上げました。

酷いです。
そして女性なので、女子のガードマンも2名やって来てその方は、まさに違法者扱いでした。

何度か他の会社の総会には出た事がありますが、こんな酷い総会は初めてでした。

いくら国策と言っても、3.11以降の総会です。
原発ありき・・何の学習もしないこの国は一体国民をどうしようというのでしょうか。

国民の事など何も考えていないとしか思えません。
自分達も怖くはないのでしょうか?

福岡は、29日から福島からの・・写真展ですね。
今日、準備お疲れ様でした。


(I)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
福島は終わっていない、どころか、もっとひどくなっています。もうほとんど関東は住めない地になりました。この時期に原発再開とは気違いというより殺人者。
経済的に成り立たない非効率な原発を無駄な大金を使って国を疲弊させてまで続けたがる理由はなんだろうと最近考えます。思いついたのは、核爆弾を持ちたいと(持てる能力を保持したい)というのと、もう一つは、甘い汁につられ日本の財産と国民を売り渡した国賊の群れがいるということです。
西欧社会に騙され、嬉々として自分の国の破壊をおこなってだまし取った国民の国の資産を上納しているのです。国民の力で止めなければと思いつつ、民主主義も理解していない、洗脳された国民が大勢いることに失望もしています。
驚きの連続
2011/06/30 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
連日の命乞い行動(27日委員会傍聴、28日九電株主総会) 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる