玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月25日抗議行動の取材依頼文

<<   作成日時 : 2011/04/12 17:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

過日のことですが、2月25日の抗議行動の取材を、マスコミにお願いしました。
その依頼文です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー



2011年2月24日
報道機関 各位 
              提出団体78団体
<玄海原発3号機放射能漏れ>2011.2.22九州電力説明について
緊急抗議文(継続回答要望書)を提出します。

 平素、私たち市民の知る権利を守るための報道に感謝申し上げます。
私たち69団体は12月15日から2月17日までの約2ヶ月間、今回の放射能漏れ事故(ヨウ素漏れ)に対して要望書並びに質問状を提出し回答を求めてきました。
やっと口頭回答された2月22日(火)10:30〜12:00という設定によって、当方の希望時間は外され、日中仕事を営む者は、無視され出席できませんでした。
私たちは、東京電力・関西電力が開催している説明会と同等にサラリーマン・自営業者の参加できる土曜日または平日17:00〜の時間帯でオープンな場を要望しています。
今回ここで為された回答は、2ヶ月も時間があったにも関わらず、プルサーマルの危険性を憂慮している市民の私たちにとって、到底納得のいく回答ではありませんでした。
事故当初「原因究明に全力をつくしたい」と言明していた九州電力は、私達の質問「ファイバースコープでも判断できない原因個所なら、さらにホットラボで調査をしないのか」に対して、「ホットラボには送る必要は見当たらない」という信じ難い回答をしました。
また、多くの質問に対し「後ほど質疑応答の時間で」と云いながら、会場時間切れ途中退席という姿勢も唖然とするもので誠意を感じられないものでした。
 そこで私たちは、九州電力の22日回答の一部及び未回答部分に納得できないため、MOX装荷〜運転再開を容認できないこと、再度緊急抗議文(継続回答要望書)を提出することにしました。
 特にプルサーマルは安全・安心を最優先と云っている九州電力には、私達の質問にすべて納得のいく回答すべき義務があり、原子力発電所を何よりも安全に運転する責任があります。
私たちは、市民が決して包み隠されることのない正しい情報を知り正確に判断できるように、報道の皆様に余すことのない事実情報を取材して頂き、世の中に必要なニュースを中立に伝えていただきたいと思っておりますので、何卒、よろしくお願いします。


<天神 街宣> 

2011年2月25日(金) 午後12時半〜 天神コア前
(13時〜九電前に徒歩移動します)


<抗議文提出>

日   時:   2011年2月25日(金) 午後1時半より「記者会見」
            ※九電1階ロビーにて5分前から資料配布などいたします。
  午後2時より「緊急抗議文(継続回答要望書)」提出します。 

場   所: 九州電力株式会社 本社1Fロビー

提出団体:   玄海原発プルサーマル裁判の会他77団体

問い合わせ先:

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月25日抗議行動の取材依頼文 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる