玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年8月8日勉強会、講師変更のお知らせ

<<   作成日時 : 2010/07/24 14:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎月第2日曜日にプルサーマル関連の勉強会を開催します。
どなたでもおいでいただけます。
たくさんのご参加をお待ちしています。

講師は、松原さんを予定しておりましたが、
アメリカの反原発団体のケビン・キャンプス氏の来日の機会に、
佐賀にもおいでくださることとなり、
急遽、講話をお願いすることとなりました。

またとない機会です。多くの方においでいただきたいと思います。


チラシはこちら

第2回

8月8日(日)13:00〜16:00
アイスクエアビル(佐賀駅南口より徒歩5分)
大会議室(5F)
http://www.isquaresaga.jp/


講師:
アメリカの著名な反原発団体 Beyond Nuclear(「核を超えて」)の
ケビン・キャンプス氏をお招きします。

内容:「核のゴミ貯蔵プールからの放射能汚染水漏れ事故について」

資料代200円

---------------------------------------------------------

 米国の著名な反原発団体Beyond Nuclear(「核を超えて」)から、ケビン・キャンプス氏が急きょ来日されます。ケビン氏は、核廃棄物問題や原発の安全性問題について活動されています。
 Beyond Nuclear は2009 年秋にLifetime Achievement Award を受賞し、全米でその活動が認められました。今回、福島・福井・大阪・佐賀・東京で講演会や交流会をもつことになりました。
 日本政府と電力各社は、プルサーマルを強行に推し進めています。プルサーマルで生み出される使用済MOXは持って行き場もなく、原発の使用済燃料プールで超長期に保管されることになります。しかし、米国では、原発の老朽化に伴って、プール等から放射能汚染水が、気づかれることなく漏えいし、周囲の環境を汚染する事故が多発しています。
 「まず漏らし、あとで措置」という電力会社とNRCの経済性最優先の姿勢に批判が強まっています。使用済燃料プールでの超長期の保管がいかに危険なことであるのか、米国での実態を紹介してもらいます。

----------------------------------------------------------

ケビン氏の日本での講演日程
(詳しくは各地の主催者にお問い合わせください)

■8月5日(木)福島県内での講演会
(主催:脱原発福島ネットワーク )

■6日(金)
小浜市内での交流会 (原発設置反対小浜市民の会)

■7日(土) 大阪での講演会
(グリーン・アクション/美浜の会)

■8日(日) 佐賀での講演会
(玄海原発プルサーマル裁判の会)

■9日(月) 佐賀での交流会
(玄海原発プルサーマル裁判の会)

■10 日(火) 午後 院内集会 東京での集会18:30 〜 21:00
(福島老朽原発を考える会/ 原子力資料情報室)
会場:文京シビックセンター26 階スカイホール


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010年8月8日勉強会、講師変更のお知らせ 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる