ドキュメンタリー映画『飯館村』を上映しませんか?

【ドキュメンタリー映画『飯館村』を上映しませんか?】

画像


パレスチナをはじめ各地を取材してこられたフリージャーナリスト、土井敏邦監督が、故郷喪失に苦悩し葛藤する村人達を1年間追った新作ドキュメンタリー映画『飯館村 放射能と帰村』、全国各地で上映されています。

“私は故郷の村に帰れますか?
 村で子どもたちと安心して暮らせますか?
 もし帰れなければ、どこに“故郷”を探せばいいですか?”

詳細はこちらです。http://doi-toshikuni.net/j/iitate2/

*9月6日の西日本新聞の監督インタビュー→
http://www.nishinippon.co.jp/nlp/cinema_news/article/37977

土井監督は佐賀県小城市出身で、郷土への思いは人一倍。
「玄海原発再稼働を阻止するのに、映画上映を役立てほしい。座談会などとセットして、どんなに小さな集まりでもいいから、九州でぜひやってほしい」とのことです。
ご相談はとりあえず、裁判の会まで一度連絡ください。

【佐賀・小城上映会】
2014年1月16日(木)
14:00/18:00 
JAさが佐城地区中央支所
土井敏邦監督のトークあり
料金:前売り券 500円/当日 600円
主催:映画『飯舘村』を見る会(代表・野口好啓)
連絡先:0952-66-3185(土井)/0952-73-2775(野口)