第3回プルサーマル勉強会、講師:菊地洋一さん

第3回 プルサーマル勉強会のお知らせ


元GE技術者の菊地洋一さんをお招きします。


----------------------------------------


■日時:2010年9月12日(日)13:00~16:00

■場所: アイスクエアビル(佐賀駅南口より徒歩5分)
 http://www.isquaresaga.jp/

■資料代:200円

■演題:「原子炉の中の真実」



チラシはこちら

----------------------------------------





【菊地洋一さんプロフィール】

1941 年岩手県釜石市生まれ。1961 年日大(短)卒業後、建築コンサルタントとして様々な建築設計に携わる。

 1973 年3 月~1980 年6 月の7 年4 ヶ月、米国の原発関連会社GETSCO(=GE)の原子力事業部極東東京支社企画工程管理スペシャリストとして東海原発2 号、福島第1 原発6 号機の建設に広く関わる。

 各セクションの調整、日立、東芝、IHI,ゼネコン等のスケジュールチェック、米本社への現場報告書の作成。古い原子炉内改造工事の安全管理者の仕事を終え退社。

 1981 年よりアブダビの現地法人GAMA  GENERAL CONTRACTING CO.を任され、石油関連施設の建設(設計・施工管理)に従事。

 50 才より草花や昆虫等の写真を撮り始め、生命の尊さを感じてもらう写真展を全国で開催。

 宮崎に在住し、鹿児島大学理学部にて「地球環境エネルギー論」非常勤講師。東海地震がすぎるまで浜岡原発を止めておくよう訴える活動のため2002 年10月~2003 年9 月まで、静岡県函南町に在住。



----------------------------------------



貴重なお話を聞く機会です。ぜひおいでください。

この記事へのコメント

とうでん坊
2010年09月10日 02:26
玄海原発のプルサーマルは、以前より指摘してましたが、こちらの発言などは聞き届けていただけなかったのでしょうか。あれより5~6年の猶予がありましたが、

この記事へのトラックバック

  • 被曝奴隷制による原発 -- 菊地洋一講演会

    Excerpt: 昨日の菊地洋一講演会から,全部で13分強のシーンをYouTubeにアップロードしました.応援のクリック歓迎 シュラウド交換時の被曝 虚偽の被曝手帳 電力会社のエライ人は被曝しない 原発建設に現場.. Weblog: ペガサス・ブログ版 racked: 2010-09-14 06:55