玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会

アクセスカウンタ

zoom RSS 12・2をはさんだ連続行動を無事終えました!

<<   作成日時 : 2013/12/09 17:55   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

12・2をはさんだ連続行動を無事終えました!

11月30日、原子力防災訓練見学(伊万里市、唐津市、玄海町、小城町を2班に分かれて視察)。
12月1日、NONUKESえひめ集会・伊方原発視察。
12月2日、第4回12・2反プルサーマルの日「みんなで歩く玄海町」。戸別訪問&町長要請&九電要請。
12月3日、佐賀県知事要請行動。



とにかく、かけまわって、現場を見て、ぎょっとしたり、怒りを新たにしたりする一方で、いろんな人達と交流した4日間でした。
2夜連続船中泊、朝4時半とか5時半の早起きの連続で、なかなか寝れない毎日でした。


11月30日の避難訓練は、福島の現実をまったく無視した中身で、決められたことをただただやっているだけの、緊張感のない現場でした。
玄海町住民の避難先となった小城の会場では、原子力安全基盤機構のムラ人による「放射能安全講演会」。大人にも子どもにも同じ内容での洗脳の場でした。その酷さに呆れかえってしまいました。(詳細は別途レポートを書きます)


12月1日のNONUKESえひめ集会・伊方原発視察は、たーくさんの方との出会いや再会、感動がありました。
実は、“12・2”に際して藤田祐幸先生の講演会を12月1日に当初企画していて、チラシもデザインしかけていたところでしたが、広瀬隆さんからの「一生に一度のお願い!」を、真に受けた(笑)石丸初美代表の提起で、「よし、12月1日は愛媛にみんなで行こう!」となったのです。
広瀬隆さんのスピーチ。
「中国で講演した時に、こう言われたことある。“師は遠方より来たる”と。ほめているつもりだろうが、違うんです!自分なんてわざわざ遠くから呼ばなくていいんです。愛媛に呼んでくれなくたっていいんです。愛媛のみなさんだったら、40年間活動を続けてきた斉間淳子さんが、ここにいるじゃないですか。斉間さんが日常的に話していることにもっともっと耳を傾けてください!」
各地にいる“初美さん”に対する最大の激励だと、勝手に感動していました。
東京の仲間、大阪の仲間ともここでおちあい、デモ行進の最後尾で、雨降る中、横断幕、プラカードを掲げながら
「玄海原発再稼働反対!」「伊方原発反対!」「原発情報秘密だらけ」「特定秘密保護法反対」と声をはりあげてきました。


12月2日、第4回12・2反プルサーマルの日「みんなで歩く玄海町」は、東京から5人、大阪から3人、そして高知から澤山保太郎さんを、伊方集会からお連れして、玄海に戻ってきました。

この日最初の行動の玄海町副町長への要請文提出。
これまでの戸別訪問で直に聞いてきた住民の声などや、私達の思いをそのまんま書いたのですが、初美さんが読み上げているのを聞いていて、涙がこぼれてきました。
ふと気づくと、初美さんも、声をつまらせ、涙声で読んでいました。
命を傷つけ、苦しませ、悲しませ、分断し、抑圧する原発、いい加減やめましょうよと、心底思います。

戸別訪問では9グループに分かれて、チラシを配布しながら、住民の方達との対話をしてきました。
棚田などの風景も見ながら、海風を感じながら、初めて玄海町を歩いたみなさんも、直接住民から声を聞いて、「原発を目に前に暮らすということ」について、「何か」を感じてくれたようです。

この日の最後は、発電所への要請。担当課長の事務的な対応に、私達の怒りもヒートアップ。
初美さんの言葉。「私達は普通の生活がしたいだけなんです。こんなところで大声はりあげるなんてふつうじゃないんです。あなたにも子どもがいるでしょう。子ども達のためにも、原発はもう、やめてください!」

12月3日、佐賀県知事要請行動。午前中に古川佐賀県知事への要請。原発そのものに関する要請・質問書と、知事の県民軽視の態度に対する要請・質問を提出。怒りを通りこしていますが、それでも怒らなければなりません。これも詳細は別途報告します。


平日にもかかわらず、遠く玄海の地へ、35人の仲間が、「歩く」ために、集ってくれました。
要請の際にも、原発地元のことを心配しての言葉を、先方に伝えてくれました。
「原発地元」を一緒に歩いて、一緒に感じてきたことは、何よりの財産です。
これまでに1人1人とお話をしてつながってきたことが、またさらに深いところで、つながったような気がしています。
(12・2に参加されたみなさん、玄海町訪をはじめてまわられた各地域の仲間のみなさんに、感想をお寄せくださるよう、お願いします。)


12月2日は、日本初のプルサーマルの日。
12月2日は、世界初の原子炉の日。
私達は忘れません。
来年も、この日に、佐賀の同志達と、そして全国の同志達と、玄海町で行動します。
私達の未来のために!


お伝えしたいことがたくさんあるのですが、移動に次ぐ移動と、交流にめいいっぱい時間を使ったため、追いついていませんが、随時報告していきます、多分(^^;
(N)

12月1日えひめ集会にて↓
画像


伊方原発も見学してきました。↓「異様な雰囲気」でした、、、
画像


12月2日、まずは玄海町役場へ。町長さんは不在でしたので副町長さんが対応。↓
画像


戸別訪問。「棚田百選」にも選ばれた場所で。この近くに玄海原発があります。↓
画像


戸別訪問のあとは、交流集会でした。東京や関西からもかけつけてくれた方たちとも交流できて、また頑張ろうと思いました!!↓
画像


2日最後は、玄海エネルギーパークで、九州電力への要請。担当者は、「上へ伝えます」を繰り替えすだけでした。部屋も準備されず、吹きさらしの玄関の外で。↓
画像


3日は佐賀県知事への要請。ここでも、担当者が出て来るだけ、いつもの1階玄関ホールにて。↓
画像


東京から、えひめ、玄海、そして佐賀県知事要請と、ずっとおつきあいくださった方たちを、佐賀駅でお見送りしました。それぞれの場所で頑張りましょう!チカラは繋がり、ひとつになる!↓
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
12・2をはさんだ連続行動を無事終えました! 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる