玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会

アクセスカウンタ

zoom RSS 「市民訴訟・みんなで止める!玄海原発」12月27日(火)提訴 速報!

<<   作成日時 : 2011/12/29 10:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像


玄海原発差し止め訴訟 速報


 玄海原発1−4号のすべてを停止させる裁判が12月27日に、いよいよ佐賀地裁で始まりました。原告は私たち「玄海原発プルサーマル裁判の会」の全国22都道府県の288人。元からの原告130人に158名が新たに加わりました。九州電力が被告です。

 当日、佐賀地裁には報道各社と県内外から支援の仲間が集まり、さらに新調した横断幕とともに原発の危険性をアピール。冠木克彦弁護士が地裁に原告名簿を提出すると原告団からも思わず拍手が。「静粛にしてください」と注意する地裁の人たちも目は笑っていて、市民裁判らしい光景が見られました。

 その後行われた報告集会では石丸初美代表が2006年のMOX燃料事前了解にさかのぼる経緯を説明しました。当初は原発そのものの危険性を訴えたくても、世論に理解されないだろうとした判断があったこと。そこで、プルサーマルに特化した裁判を起こしたことなどの説明があった後、3.11以降事態が全くかわってしまったとしました。「福島の子どもたちはあの海でもう二度と泳ぐことはできないと思うと胸がつまる」といいます。残念なことですが現実のものとなった事故の重さが今回の裁判を支えています。

 さらに、引き続き今回の裁判を担当していただいている冠木弁護士は今回の裁判を「檻の中のライオン」になぞらえています。ライオン(原発)が危ないものであることははっきりしています。これが檻に入っているから大丈夫というのが、これまで通ってきた理屈だったわけですが、そうではなかったわけです。だから逆に電力会社として「檻は破れているが安全」ということを立証しなければならない。そういった流れの裁判になっていきます。

 また、美浜の会の小山英之さんはいくつかの技術的論点を改めて、説明しました。くわしくは訴状に譲りますが、「長時間の全電源喪失という前提がないこと」(これは原子力委員会の班目委員長も認めています)、「事故の原因が強調されている、津波ではなく地震そのものとしないと説明がつかないことがある」これによって全国にある原発の耐震基準そのものが、全て問題になる可能性があります。

 また特に玄海1号は「脆性遷移温度」の問題があります。すでに皆さんご承知かとは思いますが、これは炉心が中性子の照射でもろくなっている問題で、「98度」という数字は、何かしらの事故があった場合、玄海1号の炉心は「98度以上の水(!)」でしか冷やすことができない。実質手のうちようがない事態になります。こうなれば偏西風によって佐賀どころか関西まで被害は及ぶでしょう。

 これらについて、裁判で争うわけですが、3.11以前とは比べ物にならないほど関心も高いでしょうし、ここが転換点になれば、私たちの思いも初めて報われるのではないでしょうか。ただ普通に暮らしたいだけという思いも。
(T)

*********************************



 玄海プルサーマル裁判の会、これまでの原告130名に、今回新たに福島から佐賀への避難者を含めて全国から158名が加わり総勢288名(倍以上!実務も大変!)で、「玄海1〜4号すべてを止める!」と追加提訴してきました。
 3・11以前はプルサーマルをまずは止めようと、燃料棒の危険性を「重箱の隅をつつくように」闘ってきました。しかし、3・11福島事故が起き、原発の凶暴さが現実のものとなったことを受け、再稼働反対、原発そのものを止める!闘いへと発展しました。

 行動を通じて、頼れる仲間が全国に増えたことは本当に心強いです。1人1人が覚悟を持って行動する人達です。
 今朝の石丸初美代表の弁。「今日の記者会見は今までで一番気が楽です。なぜなら、6年前から原発反対と思って運動に参加していたからです。素直に自分の気持ち言えそうです」

 そして、今日午後2時、佐賀地裁にて提訴、無事受理されました。新たなステージにコマを進めました。詳細報告はあらためてすると思います。

 次回公判は1月20日(金)です。デモもやるかもです。みんなで力をあわせて、すべての原発を止めましょう!

(N)

*********************************

 新原告の何人もの方から、「原告としてがんばります」の声も届いています。次回、公判で意見陳述をお願いしているUさんからも「昨日はお疲れ様でした。みなさんにお会いしたかったです。1月20日の公判にむけて、微力ながら精一杯できることをしたいと思います。よろしくお願いいたします 」とメッセージが来ました。

画像

お忙しくて、いつもはとんぼ帰りの弁護士の先生方。この日はやっと時間をつくってくださって、原告との懇親会にご参加くださいました。来年も、よろしくお願いします!

 この1年、本当にいろんなことがありました。つらくて悲しい出来事がたくさんありました。どうぞみなさまが穏やかに新年を迎えられることを心より願っています。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「市民訴訟・みんなで止める!玄海原発」12月27日(火)提訴 速報! 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる