玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会

アクセスカウンタ

zoom RSS 九電交渉─玄海原発1号機の安全に関する申し入れ

<<   作成日時 : 2011/11/30 01:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

本日11月29日、10時半から九電との交渉でした。


提出した申入書は下のとおりです。


ーーーーーーーーーーーーーーーー


平成23年11月29日提出

九州電力株式会社代表取締役会長 松尾新吾 様
九州電力株式会社代表取締役社長 眞部利應 様

    玄海原発プルサーマル裁判の会 代表 石丸初美


玄海原発1号機の安全に関する申し入れ書


玄海原発1号炉は第4回監視試験において、予測を約40_上回る98_という脆性遷移温度が観察されている。

この脆性遷移温度は最新の予測式をもってしても予測できない。したがって、予測できないほど材料が劣化したと考えるべきである。運転を継続するならば、この劣化の原因を究明し、物理的に妥当な基準に改めて運転しなければ、安全は確保できない。

一方、JEAC4201-2007では異常なデータを包含するようマージンを設定すれば運転できることになっている。この措置はデータがばらつきの範囲にあるときに適用できるはずであり、今回のように予測値と大きくずれた場合、予測式は意味をなさないことは明らかである。

JEAC4201-2007の予測式上で脆性遷移温度98_を確認しようとすれば、現在の何十倍もの中性子照射量を浴びなければ98_にはならないし、それは予測式適用範囲から大きく逸脱する。それほどに圧力容器材料が劣化していると考えなければならない。そして、劣化を裏付けるように監視試験の破壊靭性値は大きな低下を示している。

12月、玄海原発1号機は定期点検のために停止する。上記のような劣化を考慮すれば、圧力容器の破壊を避けるため停止作業には細心の注意を払う必要がある。

また、安易な再稼働は許されない。異常な脆性遷移温度が観察された原因を究明し、JEAC4201-2007や維持基準を妥当なものに改定し、審査する必要がある。

「細心の注意を払って、かつ、ゆっくりと時間をかけて停止すること」および
「異常な脆性遷移温度が観察された原因の究明を行い、公開すること」を申し入れる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
申入書終わり


以下、交渉の概要です。


まず12月1日の止め方ですが、12時頃に制御棒などを入れながら、6時間ほど 高温停止状態にして18時に電源を止めてから温度、圧力を下げていくということでした。50度くらいに下げるまで18時間ほど、12月2日の12時くらいです。

途中、176度から28気圧を維持して、50度くらいまで持っていくということでした。98度くらいから28気圧の所が危ないと思いますが。その後28気圧を1気圧まで下げるのはいつか質問していますので、明日改めて回答があると思います。つまり1気圧にならないと安心できないからです。

100度を下がるころから、1気圧になる間が心配ということです。

1気圧になる時点は、今回心配している人達が安心できるかの目安になります。

11月9日の交渉でも返事がなかったのですが、今回も大した回答はありませんでした。

なおA先生から出ていた延性試験(中性子で硬くなると同時に脆くなると引っ張った時に伸びない)のデータを求めています。I課長は前回のことを覚えていて、原子力管理本部に伝えているということでした。

ーーーーーーーーーーーー

今日も別のグループは市町まわりをし、1号機の危険性を訴えてきました。今日で佐賀県内の全市町を回り終えました。なんとか無事に冷却してほしいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 2013
九電交渉─玄海原発1号機の安全に関する申し入れ 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/09 23:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
玄海1号機廃炉へむけてがんばってください。脆性遷移温度が高いので定期検査の高圧漏洩点検時が一番危なくなります(温度が運転時より低いから、東電の資料に書いてありました)。定期検査で圧力容器にひび割れが入って、その後再稼動すると、ひび割れが進行して危険です。2度と再稼動させてはいけません。
ひろかめ、脱原発に1票
2011/12/10 07:18
九電のHPの資料「・・照射脆化に対する健全性について」では、監視試験片は炉心に近い位置にあり、これからJEAC4201-2004で脆性遷移温度98℃を出しています。しかしこれより炉壁の試験片のほうが脆性遷移温度が高くなることを「まるで原発などないかのように」で井野先生が書かれています。またH22年7月の東電の福島第1原発3号機の高経年劣化対策の資料にも同じことが書かれていて、今後評価への反映をしていくとあります。つまり玄海1号機圧力容器壁の脆性遷移温度は98度よりもっと高く、脆性劣化が進んでいる可能性があると思います。廃炉へ向けて九電を追求してください。
ひろかめ、脱原発に1票
2011/12/11 07:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
九電交渉─玄海原発1号機の安全に関する申し入れ 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる