玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月10日、福岡県知事へ要望書提出

<<   作成日時 : 2011/06/14 16:26   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

Tweet


6月10日は、福岡県知事へも要望書を提出しました。
玄海原発になにかおこれば、福岡も佐賀も、全九州、西日本すべてが被害を受けるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

2011年6月10日



「保安院による住民説明会の開催」と「福岡県民の安全性を優先する為の玄海原発停止声明」等 要請書


福岡県知事 小川 洋 殿


みらい実行委員会 代表 中村 肇
玄海原発プルサーマル裁判の会 代表 石丸初美
プルサーマルと佐賀県の100年を考える会 共同世話人 野中宏樹
原発に依存しないエネルギーと街づくり委員会・九州 代表 藤田祐幸



福島の原発事故から早くも3ヶ月経過しました。未だ収束せず放射性物質を撒き散らし続け、日本の国土と国民、世界への罪を犯し続けています。汚染水は地下に溜まり続け、作業員はまともな時間作業できる状態ではありません。遅々として水で冷やす以外に進展していない状況と報告されています。
この未曾有の大惨事は、「原子力平和利用」という美名で国民を欺き、放射能の恐さを過小評価してきた政府、主に「原子力村」に責任があります。現場を把握せず霞ヶ関のコンピューターで机上の空論を重ねた結果です。この後に及んで尚、反省の色は感じられません。
燃料が溶けて格納容器の底から汚染水が流出し続けている状態から、どうやって「冷温収束」を導き出すのでしょう。なぜ今も国民を騙す言葉を使うのか理解に苦しみます。
過小評価しておいて後になって前言を翻し言い逃れすることは詐欺行為です。
また、小川知事は6月9日西日本新聞の報道によると玄海町町長の原発再開の同意について、「勇気ある決断」「局面がかわるきっかけ」と、地域住民の安全軽視の極めて不謹慎な発言をしています。玄海原発でひとたび事故が起こると、私たち福岡県民にも多大な犠牲が出ることは福島の例で明らかです。



1.住民説明会を開催して下さい。
福岡市は玄海原発からたった50キロです。玄海原発2.3号機を再起動する前に、福岡県民にきちんと説明するように経済産業省原子力安全・保安院(事業者九州電力にも)に要請して下さい。説明会には厳正中立の正しい司会者が必要で、福島原発震災の反省を踏まえた「住民説明会」です。主権在民(今までとは話の土台が違う筈)です。



2.福岡県民の安全最優先を要求する声明文を知事として出して下さい。
西川福井県知事は『国が示した緊急安全対策は津波対策に偏っている。地震の揺れの影響が検証されていない』 とし、県の要請を反映した暫定的な安全基準を国が設けることを再起動の条件に挙げました。これは県民の命を守る首長の姿勢として当たり前です。玄海原発は地震に対して大丈夫とは言えません。特に現在稼働中の1号機は「日本一危険な老朽炉」であって、地震・火災など緊急炉心冷却装置を働かせねばならなくなった時に、原子炉というお釜が割れる可能性が極めて高く、割れれば燃料棒が飛び出し大惨事になることは目に見えています。



3.稼働中の1号機を直ちに停止するように九州電力と国に対して、要請して下さい。
私達は玄海原発2,3号機の再起動は認めない。1,4号機停止、厳しい検証を要求します。


4.「勇気ある決断」発言に対する、撤回と反省と陳謝を求めます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
福岡脱毛
福岡脱毛サロンの紹介です。 ...続きを見る
福岡脱毛
2012/05/23 19:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月10日、福岡県知事へ要望書提出 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる