玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月1日は唐津市、玄海町、伊万里市議会へ請願書提出

<<   作成日時 : 2011/04/22 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

3月1日、
唐津市議会〜玄海町議会〜伊万里市議会との請願提出と面談に参加された皆様、大変お疲れさまでした。
【参加者:Iさん、Oさん、Hさん、Yさん、Tさん、Yさん、Tさん、Yさん、Tさん、Tさん、Yさん、佐大生のU君、Kの13名】



■簡単ですが特に愕然とした玄海町の一部報告です。

あいにくの天候で玄海町でのポスティングが出来なかったことが残念でした。
また、Yさん、Tさんが短時間の参加にも拘わらず貴重な時間を割いて参加してくださったのに玄海町議会のあの対応には腹立たしい想いが残りました。


びっくり仰天したのは議会事務室に入った途端、タバコの煙が!
平然と喫煙状態に時代錯誤を感じました。

佐賀新聞唐津支局の林記者と佐賀TVともう一社の取材がありましたが、請願書の提出場面の同席も写真撮影も拒否されました。


九電の隠蔽体質に良く似てると感じました。


林記者は何度も食い下がって『それでは記事に写真撮影を拒否されたと書かなければなりません!何とか…』と懇願されましたがきっぱり『議長がダメだと言ってる!』でした。


用意された部屋は7人分の椅子、議長以下議員は4名、中に入れるのは3名。
従って参加した12名のうち10名は不本意にも事務室の中で待たされました。


その前に訪問した唐津市議会、人数を見てとっさに別室を用意された対応とは格段の差を感じました。


さらに部屋に入って請願書を提出された石丸さん、於保さん、原さんからの
お話では議長以下議員の仰天
発言が次々に!

九電が第三者機関のホットラボに漏れた燃料体を送って
精密に調べるカネがあるならこっち(玄海町)に回して欲しいと
そう言う意味の発言があったそうです。


『原子炉を何日も止めて九電も大損害だったろう…』
まるでカネの亡者です!
住民のために安全性を求めるなんて微塵もありません。


また、自分達の決議したことは町民全体の総意だと断言されたそうです。
玄海町民が気の毒でなりません。
言葉使いからも品格とか、ほど遠く感じました。
こんな人達に町政が委ねられているとは悲し過ぎます。


こう言う中で唯一闘っているF議員さんの
並大抵でない意志の強さと日頃のご苦労を想像しています。
(九電から飲食の接待もあるようですが、
 Fさんだけに連絡が入らないとか信じ難い差別の世界です。)

(K)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

請願書

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



玄海原発3号機の放射能漏れの原因究明を求める請願書


請願趣旨

玄海原発3号機の放射能漏れの原因究明を求める


請願の理由

九州電力鰍ヘ、昨年末に玄海原子力発電所3号機において、一次冷却水に放射能漏れをおこし、12月11日発電を停止しました。
その後、放射能漏れの原因究明を自ら放棄し、「微細な穴(ピンホール)による偶発的な事故と推定される」として、「推定」のまま、新たに発電を再開しようとしています。
 私たち市民は、放射能漏れ直後から九州電力に対して、徹底的な原因究明と情報公開を求めてきました。
2月22日の九州電力の説明によると、過去8回の放射能漏れをおこしていながら、そのすべてにおける漏えい個所が不明のまま、「微細な穴(ピンホール)」と結論付け、その後の追加調査すら行っていません。
 今回の放射能漏れに関しても、これ以上の原因特定に向けた調査をしないことを断言したのです。
これは、あまりにも市民の安全を無視した姿勢ではないでしょうか。

九州電力は「関電の大飯原発の原因も踏まえ、今回の調査を実施した」としています。その関電は2体を原子炉廃止措置研究開発センターのホットラボに持ち込み継続検査中で、これら2体と同一のメーカー及び同一時期製造の集合体は使用しないとの対策を取ったのです。
九電はホットラボに持ち込むこともしない、と言ったのです。
 8回の放射能漏れは、すべて理由があって必然的に起こったことであり、特に今回はMOX燃料を入れた3号機であり、その危険性はこれまでの比ではありません。
MOX燃料に偶発的に穴が開いて、放射能が漏れてからでは遅いのです。


請願項目

以下を町議会において議決して、九電に申し入れを行なってください。
1 九電は他の電力会社例えば関電並みに、丁寧で詳しいプレスリリースを心がけること。
2 議会と市民向けに説明会をおこなう。
3 漏洩燃料体をホットラボに持ち込み、原因を特定する。
4 放射能漏れを起した燃料棒と同一メーカー、同一製造時期の集合体は使わない
5 原因が特定され、安全が確認されるまで、玄海原発3号機のプルサーマル運転は行なわない。

                                 平成23年3月1日

玄海町議会議長 岩下 孝嗣 様
請願者
玄海原発プルサーマル裁判の会他83団体  
849-0937 佐賀市鍋島6丁目3-8
                                 石丸初美
       

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
逝ってよし(人・ω・)★ http://m-s.e29.mobi/
ありません
2011/12/29 06:36
挿入できるよ(*´ω`)★ http://m-s.e29.mobi/
わかりません
2011/12/29 07:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月1日は唐津市、玄海町、伊万里市議会へ請願書提出 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる