玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会

アクセスカウンタ

zoom RSS 唐津、福岡、長崎でシール投票

<<   作成日時 : 2010/11/12 09:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先月より、3カ所でシール投票を行いました。

第1弾、唐津。2010年10月26日

我が会 初の街頭シール投票は、成功裏に終わりました。

参加者は6人でした。
宣伝場所を確保して下さった唐津市のKさんも前半を参加して下さいました。

場所は唐津市和多田の通称「ちかまつストア」。
表看板は、SUNCITY。
これまで反プルサーマル宣伝に何度も場所を提供してくれているお店です。
唐津にお出での際はここで買い物して下さい。中にはパン屋さんもあります。

玄海原子力発電所でのプルサーマル発電に対する投票数は74。
その内訳は、賛成 6、反対 51、「わからない」が17票でした。

アンケート用紙を用意していきましたが、とても書いてもらう余裕がありませんでした。
一枚のみ記入あり。投票よびかけ、機関紙配布、チラシ配布、報道記者対応、市民への説明で手一杯でした。

Mさんがニワトリの着ぐるみと「プルサーマルはもうケッコウ」のタスキを身につけ拡声器で唐津市民に呼びかけました。息子さんは通りかかる人に そいぎを手渡してくれました。

新聞5社、佐賀・毎日・西日本・朝日・読売の記者が取材に来ました。NBCラジオの電話取材もありました。
(投票活動のことをこの日の晩と翌朝の2回 ラジオで流してくださいました。)

投票結果は大体予想通りでした。プルサーマル反対票が圧倒的に多かったことはよいのですが、それの約十倍の無関心者が問題だと思います。

(T)


第2弾、福岡市天神。2010年11月4日

福岡でも、10/26の唐津に引き続きシール投票をする事にしました。

結果は、

賛成1  反対38  わからない31  でした。
(10/26唐津賛成 6、反対 51、わからない17でした。)


この日は、MさんのニワトリさんとTさんのピンクひつじさんの参加もあって、
後半では若い人たちが自然に近づいてきてくれていました。

福岡の人の中には、隣の県に原発があることすら知らない人も何人もいました。
しかし、そんな人も原発とプルサーマルの事実を知ったら
「そんなの反対です」と言って反対シール張ってくれました。

このシール張り広報は、これからもいろんなところで実施したらいいと
思います。

(い)

第3弾、長崎。2010年11月7日

長崎(鉄橋(クロガネバシ):長崎県庁近くの繁華街)で
”原発なしで暮らしたい・長崎の会”主催のビラ配りに参加した報告をします。

先日唐津、福岡でも行いましたシール投票道具を持って行き、同じく長崎の方にも鉄橋での投票をしていただきました。

参加者は、長崎の方9名、佐賀福岡6名、
計15名での街頭ビラ配りでした。

佐賀、福岡からの参加人数が6人という事で、長崎の方も喜んで下さって、
佐賀福岡の私達も天気も良く楽しいビラ配りが出来ました。
また、今後の鷹島での広報活動の約束もしてきました。  

13:30から15:00まで 投票の結果は、プルサーマルに
『賛成:2票』『反対:142票』『わからない:15票』
という結果でした。

若い人は、シール投票に気軽に参加してくれました。

特に長崎は「核問題の高校生署名」が行われるようになってから、高校生でも政治に参加してもいいんだ、という意識が高まったように感じると長崎の方々の話でした。

私もシール張りのお願いの声かけをして、高校生の受け止め方が佐賀よりいいように感じました。

プルサーマルを知らない人が多かったけど、説明を聞くと、
『そんな電気はいらない』、『エッ いやだ!』等、しっかり自分の意見を言ってシールを貼ってくれました。

シール張りのお願いのコツを一つ今日発見しました。

それは、シール張りのお願いをするのと同時に、「よかったらシールを張ってもらえませんか?」と言いながらシールをその方の指に張る。
すると「どこに張るんですか?」ってすんなり張ってくれます。その時色々話が出来ます。

(い)

長崎からもご報告いたします。

いい天気過ぎて、終わったらのどがカラカラでした。
佐賀、福岡から6人も参加いただきありがとうございました。

チラシ撒きとシール貼りの組み合わせが良かったです。
素通りしそうな人の足をとめることができて非常に効果的でした。
長崎新聞、読売に写真付で掲載されました。

鷹島のチラシ撒きという宿題を頂きましたのでなんとか答えたいと思います。

しかし佐賀は元気ですね。毎日忙しいだろうに長崎まで遠征し、
その後岡正治平和資料館の見学。
そして朝鮮人の碑にも思いを馳せて頂いて。
2件ともマイナーなところなんですが。
虐げられた人に目がいく、過去の歴史認識を知ろうとすることは
この裁判を提起した事に通じるところがあるのかなとおもいます。

(S)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
唐津、福岡、長崎でシール投票 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる